蜜猫文庫<br> 軍神王と人質花嫁―甘い口づけは蜜愛の予感

個数:
電子版価格
¥880
  • 電書あり

蜜猫文庫
軍神王と人質花嫁―甘い口づけは蜜愛の予感

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月19日 08時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801924949
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

肉食系腹黒陛下×生真面目小動物系王女
まずは俺が嫉妬深いことを教えてやる
人質のつもりで嫁いだのに国民の熱烈歓迎と王様の溺愛が待っていて!?


同盟の証にと人質同然にナルテユス国に嫁いできたルシア。
妾腹で要らない王女扱いされていた彼女は軍神王ダライアスとその国民に思いがけず歓迎され困惑する。
戦時下、傷病兵を慰問し、国籍問わず助けようとしたルシアはナルテユスでは人気が高かったのだ。
「声が甘くなった。もっと聞かせてほしい」
若く美しいダライアスに溺愛され次第に自信をつけるルシアだが、
自国から異母妹が突然ナルテユスを訪問したいと言ってきて!?

内容説明

同盟の証にと人質同然にナルテユス国に嫁いできたルシア。妾腹で要らない王女扱いされていた彼女は軍神王ダライアスとその国民に思いがけず歓迎され困惑する。戦時下、傷病兵を慰問し、国籍問わず助けようとしたルシアはナルテユスでは人気が高かったのだ。「声が甘くなった。もっと聞かせてほしい」若く美しいダライアスに溺愛され次第に自信をつけるルシアだが、自国から異母妹が突然ナルテユスを訪問したいと言ってきて!?肉食系腹黒陛下×生真面目小動物系王女。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

デイジー

9
★★★☆☆KU さすがの山野辺さん。単なる囲い込み甘々モードだけでは終わらない。ヒロインが自己肯定感低すぎなのでウダウダする。シャイと、卑下は違うので、もうちょっとシャンとして欲しい。まあ、お話の設定上仕方ない面もあるけど。それなりに楽しく読み進めたが、最後に爆上がりで読了。終盤のヒーローVS当て馬(?)が、とても面白かった。ソーニャ案件よね、これ。本格ソーニャはやや不得手だが、これくらいは楽しかった!2022/11/04

十六夜

4
母親が歌姫と出自が低いために冷遇されていた王女ヒロイン。最近まで戦争していた国に嫁がされることになり人質か悪けりゃ殺されると思って行くけど、軍神王なるヒーローは彼女を歓迎&歓待。ヒロインが王女時代に辺境の病院で働いたことを買っていた。でもヒロイン自身はその事件がきっかけでよけいに身内からの当たりが強くなったのでとにかくネガティブに沈みがち。そんな彼女をヒーローが辛抱強く励ましたまに嫉妬深く抱き潰すという話だったわ。それなりに楽しめた。ヒーローもよく「待て」できたほうだと思う。2021/01/05

didi

0
面白かった。 ヒロイン兄が好き

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16648699
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。