竹書房怪談文庫<br> 社畜怪談

個数:
電子版価格
¥715
  • 電書あり

竹書房怪談文庫
社畜怪談

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年04月17日 16時06分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 224p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801923867
  • NDC分類 147
  • Cコード C0193

出版社内容情報

〈お前はいいよな、生きてて…〉
最近、急に痩せ始めた先輩社員の家で聞こえたのは…「ガリガリ」より

パワハラに呪詛返し――弱者たちの復讐がいま始まる。
ブラックもブラックな、職場の実話怪談!

社畜――それは会社の奴隷と化した哀しき大人たち。セクハラ、パワハラ、超過労働に集団イジメ…ストレスフルな職場で生まれた怨み辛みがやがて怪異となって立ち現れる! 
・先輩パワハラ社員の家に呼びつけられた後輩二人。部屋に最近突然死した取引先の社員の霊が出るというのだが…「ガリガリ」
・初の女性管理職と期待される社員が産休に。後輩のOLたちがくれた安産守りの中身とは…「おめでとう」
・狙った女性社員を奇妙な術にかけるセクハラ経理課長。その黒い秘密は創業社長が勧進したお稲荷様の祠にあった…「認知の歪み」
――他、久田樹生、黒碕薫、佐々原史緒の異色トリオがそれぞれの嗅覚で集めたおぞましくも恐ろしい職場の恐怖実話全15話!

内容説明

社畜―それは会社の奴隷と化した哀しき大人たち。セクハラ、パワハラ、超過労働に集団イジメ…ストレスフルな職場で生まれた怨み辛みがやがて怪異となって立ち現れる!先輩パワハラ社員の家に呼びつけられた後輩二人。部屋に最近突然死した取引先の社員の霊が出るというのだが…「ガリガリ」、初の女性管理職と期待される社員が産休に。後輩のOLたちがくれた安産守りの中身とは…「おめでとう」、狙った女性社員を奇妙な術にかけるセクハラ経理課長。その黒い秘密は創業社長が勧進したお稲荷様の祠にあった…「認知の歪み」他、久田樹生、黒碕薫、佐々原史緒の異色トリオがそれぞれの嗅覚で集めたおぞましくも恐ろしい職場の恐怖実話全15話!

著者等紹介

久田樹生[ヒサダタツキ]
作家。小説から実話怪異譚まで手がける

黒碕薫[クロサキカオル]
小説家。『武装錬金』『るろうに剣心北海道編』(集英社/和月伸宏)のストーリー協力もしている

佐々原史緒[ササハラシオ]
作家。広告代理店勤務中に二人三脚漫画家の原作担当としてデビュー。2001年小説に転向(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

HANA

65
実話怪談集。会社や仕事に纏わる怪談を収録。仕事や社畜って言葉だけで怪談とは違ったベクトルの嫌さがあるのだが、内容は微妙な部分があるかな。久田樹生は流石というか読んでいて嫌な感じを醸し出すのは流石なのだが、一人だけ妙にライトな語り口の人がいてそれが違和感があるというか、怪談に合わないというか。怪談では内容もそうだけど文体というものの大切さを逆に説いてくれてるような。にブラック企業に追い詰められていく様を描いた作品、例えば「目」とか嫌さの極みなんだけど、そこから逆転する「逃げる」とかは爽快感さえあるなあ。2020/09/14

高宮朱雀

18
タイトルからして結構ヘビーな話かと期待していたがそういう事はなく、他者に向ける嫉妬の念や口に出せない羨望とかの面が強いように感じた。 勿論、社屋の建つ立地の曰くでよろしくない事に巻き込まれてしまった感は認めるが、こちらの求める話題のクオリティには遠く及ばない。2022/05/02

佐倉

16
ブラック企業や社内いじめなどヒトコワ・厭系エピソード満載。遣り手系屑な営業の見舞われた怪異を描く『ガリガリ』、逆に人徳ある営業マンが嵌められたことをきっかけとする『逃げる』はどちらも印象的だったが、この面白さは追放ものとかスカッと系だなぁ。『おめでとう』は怪異も何もないシンプルなヒトコワ系。呪いの刻み込まれた紙という好きなモチーフ。謎過ぎる面接を描く『落ちた』も面白かった。もし採用されても何かログなことにならなさそう2023/11/29

ラルル

14
うーん、タイトルもテーマも悪くないのにキャストミスでしょうね。実話怪談を期待してこの本を手に取る層が、キャピキャピ女子3人組が巻き起こす小説を読まされてどう感じるか、冷静に考えればわるような気がするんだけど。それでも最初の話は我慢して読みましたが、ラストに長編でもう一回登場した時は流石にコメカミに青筋が…2021/06/30

14
うーん微妙💦怖くもないしモヤモヤしか残らない。2021/01/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15884673
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。