蜜猫文庫<br> 騎士団長とえっちしたら、甘い新婚生活が始まりました!

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

蜜猫文庫
騎士団長とえっちしたら、甘い新婚生活が始まりました!

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月25日 07時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 284p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801923119
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

エリート騎士団長×主計官補佐

「悦すぎて、頭がおかしくなりそうだ」

美貌の騎士団長に獣のように貪られ、一夜の過ちのはずが電光石火で花嫁に!?



王立騎士団の主計官補佐を務めるサラは、
軍人だった父の部下であったリュカスをずっと慕っていた。
だが彼は今や叙爵の予定もある騎士団長。
父の死で男爵令嬢から平民に落ちぶれたサラと釣り合うはずもない。
だが、ある夜、媚薬を盛られたリュカスと遭遇したサラは、苦しむ彼に身体を許してしまう。
「逃げるな。俺を煽ったのは君だ」
一夜限りのことと忘れようとするサラだがリュカスは電光石火で王に結婚の許諾を得てきて!?

内容説明

王立騎士団の主計官補佐を務めるサラは、軍人だった父の部下であったリュカスをずっと慕っていた。だが彼は今や叙爵の予定もある騎士団長。父の死で男爵令嬢から平民に落ちぶれたサラと釣り合うはずもない。だが、ある夜、媚薬を盛られたリュカスと遭遇したサラは、苦しむ彼に身体を許してしまう。「逃げるな。俺を煽ったのは君だ」一夜限りのことと忘れようとするサラだがリュカスは電光石火で王に結婚の許諾を得てきて!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nishiyan

11
騎士団長だった父が亡くなり、平民となった没落男爵令嬢サラが媚薬に苦しむ幼馴染で現騎士団長のリュカスと一夜を共にしたことから始まるTL小説。複雑な生い立ち故に面倒くさい方向に振り切れてしまっているリュカスがサラと一気に結婚まで持ち込むも、相思相愛であった二人がすれ違ってしまう展開は切ない。彼の拗らせ方がコミカルに描かれているのは面白く、周囲の協力もあって距離が縮められたのは微笑ましい。サラが自信を持てるようになったのは大きい。媚薬を巡る問題など悪役側が間抜けなのは否めないが、全て丸く収まるラストはよかった。2022/03/15

梅みかん

10
ハプニングで一夜をともにしてから、結婚式までのスピードに、ヒーローの想いの程がよく現れてる。2021/02/24

晴久

6
KindleUnlimited ロマンス小説が読みたいが、すぐには入手できなかった為、日本のロマンス小説?にまたチャレンジ。やっぱり無理だった。何故だ。翻訳であれば受け入れられるものが、日本の作家さんだと文章とお布団シーンに対するツッコミをどうしてもしてしまう。読み応えを感じない。作家さんの人数の違いかもしれない。結局お布団シーンは読み飛ばしつつ読了。イラストのサマミヤアカザ先生はTLも描かれているとは知らなかった。2020/06/30

ゆっこん

5
KU タイトルは、もうちょっとどうにかならなかったのか・・・

ぽんぽこ

4
お前が媚薬盛られるんかい!から始まるドッタンバッタンラブコメディ。内容はまさにタイトル通りで、あらすじにも恥じぬ堂々とした展開の速さ。リュカスとサラも恋愛初心者らしいウブな感じも可愛らしいですが、なによりリュカスの行動の端々が童貞くさいのも可愛い。阿片にまつわる軽いミステリ要素もあるため、そこを含めて楽しめました。ずっとこの二人の可愛いやりとりを見ていたいです。2022/03/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15547537

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。