金メダリストの条件―超一流の心技体の作り方

個数:
電子版価格 ¥2,200
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

金メダリストの条件―超一流の心技体の作り方

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年10月28日 01時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 279p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801922358
  • NDC分類 780.1
  • Cコード C0093

内容説明

東京五輪に、商業化した名ばかりの平和の祭典と、もの申す。“金”に走るアスリートを斬り、真に強くなりたい選手たちに、人間本来のしなやかな心身を育む方法を伝授する。

目次

第1章 超一流の潜在力の引き出し方(「人間本来の動き」には力みがない;「安全圏」の外に出て体を動かす意味 ほか)
第2章 超一流の体の使い方(つかもうとせず、触れるくらいの感覚が一番いい;ウサイン・ボルトは脱力しているから速い ほか)
第3章 超一流の勝負の仕方(あえて不利な型から始めると力が伸びる;勝ちに繋がるいい間合いとは? ほか)
第4章 超一流の心の整え方(イチローや内村航平には「全体を捉える感覚」がある;停滞期は目標が近くまで来ているサイン ほか)
第5章 記憶に残るメダリストの言葉を読み解く(高橋尚子;有森裕子 ほか)

著者等紹介

桜井章一[サクライショウイチ]
東京都生まれ。昭和30年代から、麻雀の裏プロの世界で勝負師としての才能を発揮。“代打ち”として20年間無敗の伝説を築き、“雀鬼”と呼ばれる。現役引退後は麻雀を通した人間形成を目的とする雀鬼会を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

東京五輪に、もの申す。

商業化した名ばかりの平和の祭典と、
“金”に走るアスリートを斬り、
真に強くなりたい選手たちに、
人間本来のしなやかな心身を
育む方法を伝授する。

著者は、以下のように述べています。

昔とは違い、今や政治経済の論理に蝕まれてすっかり商業化してしまった近年のオリンピックには、“金”と欲望が渦巻き、人間の汚さや醜さがはびこっているように私の目には映る。テレビなどでオリンピックの各種競技を見ていても「勝つためなら何をしてもいい」という勝利至上主義ばかりが際立ち、オリンピック憲章の掲げる本来のフェアプレー精神などはほとんど感じられない。
だが、2020年はオリンピックイヤーということで「金メダルを獲れる人と獲れない人では何が違うのか? それを一冊にまとめたい」という話があった。本書では、超一流の人に共通した体の動かし方や心の整え方、さらには勝負勘、勝負運といったことに関する私なりの考えを述べさせていただいた――本文より