茶匠と探偵

個数:
電子版価格
¥3,190
  • 電書あり

茶匠と探偵

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年04月21日 05時14分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 407p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784801920385
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

出版社内容情報

星々は語らない。淡く見えるとも強く輝く――

探偵と元軍艦の宇宙船がコンビを組み
深宇宙(ディープ・スペーシズ)での事件を解決する表題作の他、
異文化に適応しようとした女性が偽りの自分に飲み込まれる「包嚢」、
宇宙船を身籠った女性と船の設計士の交流を描く「船を造る者たち」、
少女がおとぎ話の真実を知る「竜が太陽から飛びだす時」。
“アジアの宇宙”であるシュヤ宇宙を舞台に紡ぐ全9篇。
現代SFの最前線に立つ作家、日本初の短篇集。

【収録作品一覧】
「蝶々、黎明に墜ちて」(“Butterfly

内容説明

探偵と元軍鑑の宇宙船がコンビを組み深宇宙での事件を解決する表題作他、異文化に適応しようとした女性が偽りの自分に飲み込まれる「包嚢」、宇宙船を身籠った女性と船の設計士の交流を描く「船を造る者たち」、少女がおとぎ話の真実を知る「竜が太陽から飛びだす時」など、“アジアの宇宙”であるシュヤ宇宙を舞台に紡ぐ全9篇。現代SFの最前線に立つ作家、日本初の短篇集。2019年度ネビュラ賞を受賞した表題作他、ローカス賞・英国SF協会賞受賞作を含む。

著者等紹介

ド・ボダール,アリエット[ドボダール,アリエット] [de Bodard,Aliette]
1982年生まれ。2006年から執筆を開始。2007年から現在に至るまで書き続けている“シュヤ宇宙”シリーズは高い評価を受け、ネビュラ賞、ローカス賞、英国SF協会賞など多くの賞を受賞した。母語はフランス語だが、作品はすべて英語で発表している。原稿はまず万年筆で紙に書くのが習慣。フランスのパリ在住

大島豊[オオシマユタカ]
東京生。10年余の出版社勤務の後、フリーの翻訳、執筆業。SF、ファンタジィ、アイルランドをはじめとするヨーロッパの伝統音楽に親しむ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

74
「蝶々、黎明に堕ちて」は単純な痴話喧嘩による殺人事件と思いきや…の真相が遣る瀬無い。戦争の記憶に苛まれながらも喪った人の思い出の為に覚え続けなければならない者。今も疎外を現すコミュニティに馴染む為に縁を捨て去った者。自分の大切な記憶も人にとっては慰み物にしか捉えられないという事実から得た絶望の言葉が哀しすぎる。一方で「船を造る者たち」でイメージがガラリと変わる。何故なら、妊婦が戦艦を産むからだ!自分すら損ない、子の無事の確約できない難産で戦艦を産もうとしたズキトルも葛藤しながらも手助けしたキアンも母だった2020/02/24

星落秋風五丈原

36
龍のグリオールシリーズ(ちなみに続編も出るよ)を出した竹書房から、今までにない設定のSF短編集が登場。まあ中身が縦書きなのに堂々と横書きの表紙ってのも珍しいよね。茶匠影子の元に、これからあるものを深宇宙に回収しに行くため、ロン・チャウが茶の調合を頼みに来る。深宇宙に辛い過去を残してきた影子は、薬中毒が疑われるロンのために深宇宙に同行を願い出る。目当てのものを見つけることができたロンだが、実は本当にロンが知りたいことはその先にあった。著者の日本での初短編集なので受賞歴のあるもの優先で選んだそうだ。2019/12/22

かわうそ

29
アジア的な価値観が色濃く漂う世界を舞台にしたSF。タイトルと冒頭の1編からSFミステリー連作かなと思いきやさにあらず。現代の社会問題にもつながるシリアスなテーマの作品が多く、派手な設定の割に展開は意外と地味だけど物語に深く引きずり込まれる印象。これは面白かったです。2020/01/09

サケ太

26
ベトナム文化をベースにしたSFとは新鮮。オリジナルなSF世界に少し戸惑うが、それらを切り抜けた先の表題作『茶匠と探偵』が楽しくなるので安心してほしい。どんな文化のどんな世界にいようと、人の営みは存在する。表題作は続編が読みたくなる。2020/01/16

宇宙猫

23
★★★ 全体的に面白かったけど、名詞に最初はカタカナ多目だったのが、漢字が増えて読みにくくなった。漢字は日本語のイメージで取ちゃうから、内容とずれて脳内衝突がおこるから苦手。設定も良く分からないから更に共感し辛らかった。説明が後じゃなく前にあったらよかった。「星々は待っている」船に乗せる機械と融合した子供を産む事に”生む機械”って言葉がよぎったが、この作品で家族として愛される存在であるために人が生むんと納得。合理性より家族の結びつきで船を守るということか。「茶匠と探偵」は楽しかったので、続編でてほしい。D2020/01/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14404510
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。