高校野球脳を鍛える実戦プレー問題集

個数:
電子版価格
¥2,145
  • 電書あり

高校野球脳を鍛える実戦プレー問題集

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月16日 13時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 383p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801919129
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0093

出版社内容情報

野球は座学で上手くなる!

実際にあったプレーを挙げながら、
考え方、守備位置、カバーリング、
ルール等を全120問で徹底解説。

【例題】
1死二、三塁の場面で打者が犠牲フライには十分な飛距離のセンターフライを打ちました。三塁走者に加え、二塁走者もタッチアップしそうな雰囲気です。このとき、三塁走者が気をつけるべきことは、何でしょうか? 

【解答・解説】
できるだけ早くホームベースを踏むことです。たとえ本塁が悠々セーフのタイミングでも、二塁走者が三塁に走るとなれば話は別です。自らが本塁を踏む前に二塁走者が三塁でタッチアウトになれば、得点は認められないからです。

<実際にあったプレー>
2018年8月30日の阪神対ヤクルト戦。阪神は5回裏、1死満塁のチャンスに糸原健斗が飛距離十分のセンター左へフライを打ち上げました。三塁走者の鳥谷敬はタッチアップから本塁へ。と同時に二塁走者の梅野隆太郎も三塁へとタッチアップしました。センターの青木宣親からショートの西浦直亨を経由して送球は三塁へ。鳥谷がホームを踏むのよりも先に梅野がタッチアウトとなり、阪神の得点は幻になってしまいました。この走塁に金本知憲監督が「ちょっと信じられない。見たことない。ありえんことが起こっている」と言えば、三塁コーチャーの高代延博コーチは「開いた口がふさがらない」とぼう然としていました。

著者は、以下のように述べています。

力対力の能力勝負になれば、素材で上回る方が勝ちます。素材の差を埋めるのは、「頭を使うこと」です。
幸い、野球には“間”があります。プレーとプレーの間に考える時間があるのですから、それを利用しない手はありません。ルールを知らないスポーツを見てもおもしろくないように、知らないというのはマイナスです。
野球は、グラウンド以外でも、座学でもうまくなります。たとえ練習が休みでも、練習時間が短くても、自宅でも、通学の車内でも、その気になれば、いくらでもうまくなるのです。ぜひ、チーム全員で本書の問題にチャレンジしてみてください――本文より

内容説明

実際にあったプレーを挙げながら、考え方、守備位置、カバーリング、ルール等を全120問で徹底解説。

目次

初級編(野球の必敗法とは?;球場に着き、まずグラウンドで確認すること;試合前のシートノックで見ておくべきこと ほか)
中級編(最終回、2死一塁で盗塁のサインのとき、一塁走者がやってはいけないこと;エラーによる見落としてはいけない影響とは?;一見、試合に何の影響もないアウトに見えても、実はそうではない場合とは? ほか)
上級編(大きく分けて4種類あるサインの中で、一つだけ種類の異なるものとは?;足の速くない選手を代走に出した意味とは?;接戦の終盤、2死二塁、前進守備、相手が屈指の好投手のときに出す作戦 ほか)

著者等紹介

田尻賢誉[タジリマサタカ]
1975年兵庫県生。ラジオ局勤務を経てスポーツジャーナリストに。高校野球をはじめ、徹底した野球の現場取材に定評があるほか、指導者、中高生、父兄への講演活動も行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

もちもちかめ

13
この1冊だけで私の野球脳がぐんとレベルアップ。冗談抜きで素晴らしい!モノホンの野球部息子たちには不評?なので(母が騒いで薦める本を素直に読まないわな)皆に勧められるかどうかはわかりません。でもこの本読んでから、ノムさんの言ってることが分かるようになりましたし、ダイヤのAがより面白く読めるようになりましたし、スコアがつけやすくなりました。準備と確認の意識付けのおかげでカウント間違いしないもんね。観てるだけなのにカウント間違えるなとか守備位置の確認しろとか何とか言われたらそりゃあ腹立つわね、息子は。むふふ。2021/03/20

Kaz

4
非常に勉強になりました。ルールについては、ある程度自信があっただけに、分からない問題があったときには、愕然としました。謙虚に精進します。2020/07/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13766327
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。