人はなぜ宇宙人に誘拐されるのか?―自我を形作る「意識」と「無意識」の並列システム

個数:
電子版価格 ¥1,944
  • 電書あり

人はなぜ宇宙人に誘拐されるのか?―自我を形作る「意識」と「無意識」の並列システム

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 352p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801911239
  • NDC分類 491.371
  • Cコード C0040

内容説明

「自我」を守るためなら嘘もつく、無意識下の脳で働く驚異のメカニズム。神経科学×哲学×心理学、イェール・ニューヘイヴン病院神経科医が教える脳科学の最新知見。

目次

第1章 ルーク・スカイウォーカーは側頭葉に住んでいる―知覚、夢、外界の創造
第2章 ゾンビは車で通勤できるのか?―習慣、自制、人間の無意識的行為の可能性
第3章 タイガー・ウッズは頭の中でボールを打っている―運動制御、学習、メンタル・シミュレーションの力
第4章 起きていないことを思いだすことができるのか?―記憶、感情、自己中心的な脳
第5章 人はなぜ宇宙人に誘拐されるのか?―超常的な体験、物語、奇妙な信念の発達の検証
第6章 統合失調症患者にはなぜ声が聞こえるのか?―言語、幻覚、自己と非自己の識別
第7章 催眠術で人を殺させることはできるのか?―注意、影響、潜在意識への暗示の力
第8章 “もうひとりの自分”の眼鏡を共用できないのはなぜか?―人格、トラウマ、自我の防衛機制について

著者紹介

スタンバーグ,エリエザー・J.[スタンバーグ,エリエザーJ.] [Sternberg,Eliezer J.]
イェール・ニューヘイヴン病院神経科医

水野涼[ミズノリョウ]
出版翻訳者。宮城県出身。明治学院大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「記憶をすり替える」のも「頼まれた事を忘れる」のも、すべて脳が原因。あなたを操る脳のシステムを最新の「脳科学」で解き明かす。