高校野球は親が9割 - 球児の息子の未来を変える提言

個数:

高校野球は親が9割 - 球児の息子の未来を変える提言

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月24日 09時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 303p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801908451
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0076

出版社内容情報

高校野球、さらに上のレベルで活躍できるかどうかは、親の考え方次第!多くの著名監督が語る理想的な親子関係とは?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kentaro

47
親は保護者ではありません。教育者です。指導者とともに子供を育てる共育者だ。親が気づき、学び、成長するからこそ、子供も成長する。最近、野球界は残念なニュースばかりだ。スター選手が覚せい剤で逮捕され、もっとも伝統ある球団の選手が野球賭博。報道こそされていませんが、日本代表の選手が道路にビールの空き瓶を捨て、未来のプロ野球選手を発掘するスカウトが平気でスタンドにゴミを放置したままにする。 意識は一瞬で変えることができる。「息子さえよければいい」「甲子園に出るのがすごい」「野球がうまい子が偉い」を変えるべきだ。2021/04/20

23
指導者こそオススメ。親でなく、指導者目線で読んだら参考になった。生徒を預かったということは親になったということ。野球だけやってればいいではダメ!全てが野球に繋がる。学生時代の数学が理論立てて物事を考えること、国語だって文章から相手の感情を読み取る洞察力に繋がる。やるべきことはやることが必要なのだ。そしてみんなに愛される野球部を作ること。授業中寝てれば教師は応援しない。地域で挨拶もせず、ポイ捨てでもすれば地域の人も応援してくれない。10年後も応援されるチーム作りをしよう。これは大切だと思う。2020/12/29

ぽりま

1
◯親の子への過度な期待、価値観の押し付け、短期的結果の偏重は、子の成長を阻害する。 ◯親は、子の自律的成長を促し、見守る役割に徹することが重要。 内容は簡単にいうとこんなところだが、全体的にやや冗長。読めば分かると思うが、指導者側の組織・ルール作りも非常に重要。そういったエッセンスも散りばめられてはいる。しかし全体的に親に強くフォーカスを当てすぎな印象が残る。この著者の書く高校野球コラムは結構好きなんだけど、結論の付け方が強引なんだよなあ。。2018/10/11

佐伯 要

0
いつも自分が関わっている人たちが、著者の田尻さんの取材を受けて話していたので読んでみた。 自分とはまったく違う切り口で、「こういう見方もあるんだな」と参考になった。 高校球児の親が、他人からどう見られているのか。 自分が思う自分の姿と、他人から見た姿は異なるということ。 子どもがいる方は、子育て論としても読める一冊。2017/01/11

ryo-na3

0
勉強になりますー!2021/10/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11102826
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。