日本で最も熱い夏―半世紀の時を超え、二松学舎悲願の甲子園へ

個数:
電子版価格 ¥1,728
  • 電書あり

日本で最も熱い夏―半世紀の時を超え、二松学舎悲願の甲子園へ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月20日 02時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 287p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801907522
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0076

内容説明

名門・二松学舎高校野球部―。毎年、激戦区・東京で上位に勝ち上がり、選抜甲子園は準優勝を含め幾度も出場している。過去、夏の東東京大会の決勝に進出すること10度。しかし、そのすべてで、ことごとく敗れ去ってきた。夏の甲子園出場は二松学舎の夢、悲願だった―。

目次

第1章 自責―好敵手への溝 市原勝人・荒木大輔
第2章 哀切―史上最強 初芝清・辻貴裕
第3章 誤認―二松学舎女生徒 斉藤真澄・奥野康子
第4章 独尊―エリートと雑草 芦川武弘・立野淳平
第5章 維新―無敵のクリーンナップ 近内亮介・山崎裕史・五味淵健太
第6章 破綻―悲運の投手 小杉陽太・松木基
第7章 曙光―一年生トリオ 大江竜聖・今村大輝・三口英斗
第8章 雌雄―決勝戦 二松学舎 対 帝京
第9章 天稟―時代の寵児 清宮幸太郎
終章 曲解―帝京 前田三夫

著者等紹介

松永多佳倫[マツナガタカリン]
1968年生。岐阜県大垣市出身。琉球大学卒。現在、琉球大学大学院人文社会科学研究科在学中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

2014年、1年生バッテリーを擁し東東京大会11度目の決勝進出で悲願の夏の甲子園を勝ち取った二松学舎高校の軌跡を追う。