ヒットの設計図―ポケモンGOからトランプ現象まで

個数:
電子版価格
¥2,090
  • 電書あり

ヒットの設計図―ポケモンGOからトランプ現象まで

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月25日 16時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 392p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784152098023
  • NDC分類 675
  • Cコード C0063

出版社内容情報

新しいだけでは売れない時代に、何をどう仕掛けるか? 映画、音楽から絵画、人名にいたるまであらゆるものに見出せるヒットの黄金律スター・ウォーズ、ウォーキング・デッド、フィフティ・シェイズ・オブ・グレイなどの世界的コンテンツから、ビートルズ、ポケモンGO、インスタグラム、モナ・リザ、大統領演説、人名にいたるまで、あらゆるものを俎上にのせて打ち立てるヒットの統一理論

デレク・トンプソン[トンプソン デレク]
著・文・その他

高橋 由紀子[タカハシ ユキコ]
翻訳

内容説明

「口コミ」頼みはもうやめよう。無料コンテンツが世の中にあふれ、選択肢は無限に増えた。ヒットを生むのは難しい。では、メガヒットを連発するクリエーターや企業の秘密は?

目次

第1部 人気と心理(人はなじみのあるものを好む―モネ、アデル、ドナルド・トランプ;MAYAルール―複写機、テトリス、スポティファイ;ミュージック・オブ・サウンド―バラク・オバマ、ABBA、デール・カーネギー;物語の力―スター・ウォーズ、アルマゲドン、ズートピア;ヒットの暗い一面―ドラキュラ、サッチャー、女性差別;ファッションの誕生―テイラー・スウィフト、録音笑い、インスタグラム)
第2部 人気と市場(ロックンロールと偶然性―モナ・リザ、カオス、ロック史上最大のヒット;バイラル神話―フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ、病原菌、ポケモンGO;「シェア」の心理学―コミュニティ、カルト、マッチングアプリ;予言の経済学―iPhone、火星の人、ウォーキング・デッド;メディアの100年史―アルゴリズム、釣りタイトル、フェイスブック;ヒットの未来―キッドA、ディズニー、バズフィード)

著者等紹介

トンプソン,デレク[トンプソン,デレク] [Thompson,Derek]
“アトランティック”誌編集主任。経済・メディア関連の記事を執筆する。CBSやMSNBCなどテレビ番組への出演や、グーグルの社内プログラム「Talks at Google」での講演もこなす。“インク”誌と“フォーブス”誌が選ぶ「30 under 30(30歳未満の30人)」に選出されている。初の著書となる『ヒットの設計図―ポケモンGOからトランプ現象まで』は、著名人が絶賛、“インク”誌と“ライブラリージャーナル”誌の年間ベストブックに輝くなど高い評価を得た。ニューヨーク市在住

高橋由紀子[タカハシユキコ]
翻訳家。慶應義塾大学文学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

タナカ電子出版

41
この本は商品 サービス あらゆるものが売れる仕組みが書かれた本です。商品開発をされている方におすすめな本です。私がおすすめなのは1章から3章あたりまでで段々と黒字が減っていく印象です。9章の(シェアの心理)もおすすめな箇所でsnsでフォロワーを増やしたい方にもおすすめできるところでもあります。2019/01/29

ミライ

30
タイトル通り、ポケモンGOからモネ、テイラースウィフト、フェイスブック(Meta)など、映画、音楽、絵画、SNSまで大ヒットしたコンテンツや企業、人について「なぜヒットしたのか」の過程が解説された一冊。全体的にその時の時流に乗って、広告宣伝にお金をどれだけかけれたかにかかっている感じがした、とくに現代のネット時代は簡単にコンテンツをコピーできてしまうので、ヒットを出すのは難しい。アイデアや商品のヒットと失敗を分ける要因を詳しく知りたい人にオススメ。2022/04/24

izw

12
図書館本で読んでいたが、あまりの面白さに手元に置きたくなり、半分読んだところで購入して後半を読み進めた。人間は慣れたものを好む反面、新規性を求めるので、「流暢性」と「美的アハ」が大切だというMAYA(Most Advanced Yet Acceptable)ルールがある。その微妙なバランスが合致したとき、時として大ヒットが生まれる。ヒットするかどうかは運で決まるとしか言いようがない。成功するとストーリーが語られるが、後付けの成功理由でしかない。ヒットの本質を様々な例で紹介していて納得感が大きい本である。2018/12/30

Sumiyuki

7
良書。MAYA。カオス。人脈。言葉の歌化。@人々は、自分自身を変わり者にしている何かを、同じ仲間と共有したいのである。@ヒットとは、ある意味を持った表現が1つのネットワークから別のネットワークに伝えられるものであり、何人ものクリエイターによって形作られ、無数の小さな熱狂者のグループに届けられるもの2019/03/27

まめタンク

7
2019年85冊目。すげぇ面白かった。よく、その分野の玄人がこのクォリティでなんで大ヒットなの?という場面があります。ドラなんとか、名探偵なんとかの劇場版とか。結局、大ヒットの理由は作品のクォリティが全てではないと著者は言うのです。ピコ太郎のPPAPがジャスティンビーバーのツイートでヒットしたように、今のヒットは小さな口コミよりも、インフルエンサーの強烈な影響力の方が大切。 本書と合わせて、「ブロックバスター戦略」もおすすめです。2019/03/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13121351
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。