竹書房文庫<br> 恐怖箱 切裂百物語

個数:

竹書房文庫
恐怖箱 切裂百物語

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年01月16日 21時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 223p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784801903876
  • NDC分類 147
  • Cコード C0176

内容説明

短いが切り味鋭い恐怖実話がずらり100話。はなはだ物騒な1冊である。例えるなら本書は、急上昇に急降下、横揺れに縦回転、ありとあらゆる絶叫ポイントが100あるジェットコースターのようなものだ。

目次

さようなら
水差し
トイレ
ダーッ!
怒潮
硫黄島
白い人
腹は減らない
モールス
二年〔ほか〕

著者紹介

加藤一[カトウハジメ]
1967年静岡県生まれ。人気実話怪談シリーズ『「超」怖い話』四代目編著者として、冬版を担当。また新人発掘を目的とした実話怪談コンテスト「超‐1」を企画主宰、そこから生まれた新レーベル『恐怖箱』シリーズの箱詰め職人(編者)としても活躍中である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)