野良ニンゲン―RED SPIDERジュニア自伝

個数:
電子版価格 ¥1,870
  • 電書あり

野良ニンゲン―RED SPIDERジュニア自伝

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月03日 09時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 287p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801306769
  • NDC分類 767.8
  • Cコード C0095

出版社内容情報

大阪を拠点に活動し、全国から絶大な支持を集めているレゲエサウンドマン・RED SPIDERのジュニアが自伝を発表!

児童養護施設に預けられたのちボロ家で極貧生活を送り、中学時代には不良行為に手を染めていた、ジュニアこと川畑少年。ある日彼はレゲエに魅了され、「RED SPIDER」を結成してレゲエの世界へ飛び込んだ。「野良ニンゲン」と形容されるほど垢抜けなかった少年は、本場・ジャマイカと日本を行き来しながら楽曲制作やイベントの開催をこなし、人との出会いの中でエンターテイナーとしてポジティブにたくましく成長していく。

そして彼は、2017年の47都道府県ツアー最終日、単独公演を日本武道館で行った。今やレゲエ界で不動の地位を築き、飽くなき挑戦を続けるジュニアが、これまでのキャリアの軌跡を追いつつ自らの半生を赤裸々に語る、ファン必読の一冊。

内容説明

児童養護施設を出てから武道館に立つまで。母親の失踪、極貧生活、不良行為、レゲエとの出会い、危険なジャマイカ暮らし、プロデュース、イベント開催…レゲエシーンで飽くなき挑戦を続ける男の人生に迫る!

目次

第1章 環境
第2章 新居
第3章 中学
第4章 邂逅
第5章 海外
第6章 衝撃
第7章 進歩
第8章 分岐
第9章 目的
第10章 社長

著者等紹介

ジュニア[ジュニア]
1975年生まれ、大阪府出身。レゲエサウンドRED SPIDERのセレクター/MCとして、20年以上にわたりレゲエシーンのトップランナーとして活躍を続ける。毒舌を織り交ぜた強烈なMCスタイルとオリジナリティ溢れるダブプレート、可動式巨大サウンドシステム“K‐3756S(ケー・ミナゴロシ)”を駆使し、年間多数のライブを展開している。音楽プロデューサーとしても現在まで国内外問わず300曲以上にも及ぶ作品を手掛け、数々のアーティストと共に大ヒットソングを世に送り出し続けている。近年は動画クリエイター、フォトグラファーとしてなど、音楽を中心に数々の分野に活躍の場を広げるマルチクリエイターである(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しゅんぺい(笑)

1
こちらも初めて知ったひと。幼い頃の困窮レベルがかなり高くて、わかりやすく逆転人生なひとやなと思った。2023/11/16

yuko0611

1
聞き書きっぽい語り口調で読みやすい。こういう本って、ほぼファンしか読まないだろうけど、これはジュニアさんを知らなくても面白いのではないかと思う。オーラル・ヒストリー本が好きな人とか、海外紀行文や文化人類学の本が好きな人にも刺さる気がする。今、『沖縄の生活史』を少しずつ読んでいるのだが、間に挟んだら同じ感じで読めてしまった。あと、逆境を語る時の明るさと、半端ではない行動力で、元気が出る。2023/10/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21503028
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。