集英社新書<br> 量子論で宇宙がわかる

個数:

集英社新書
量子論で宇宙がわかる

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年09月26日 12時04分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 253p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087206227
  • NDC分類 443.9
  • Cコード C0242

内容説明

現代物理学の最もめざましい成果は、極小の世界を扱った量子論と、極大の世界を論じたアインシュタインの相対性理論であるといえる。本書ではこの二つを手がかりに、私たちの身の回りの世界からそれらを取り囲んでいる宇宙まで、どれほど奇妙で驚きに満ちたものであるかを、実例を挙げつつわかりやすく解説する。多重宇宙、量子コンピュータ、量子テレポーテーション、ビッグバン理論、ブラックホール、タイムトラベル、インフレーション宇宙、ダークエネルギーなど、話題のトピックも満載。

目次

第1部 小さなものの世界(アインシュタインの呼吸;なぜ神は宇宙でサイコロ遊びをするのか;でたらめな原子;不確定性と知識の限界;テレパシーが飛びかう宇宙;同一性と多様性の根源)
第2部 大きなものの世界(空間と時間の死;E=mc2と太陽光線の重さ;重力という力は存在しない;帽子から飛びだす究極のウサギ)

著者等紹介

チャウン,マーカス[チャウン,マーカス][Chown,Marcus]
1959年生まれ。ロンドン大学で物理学を学んだ後、カリフォルニア工科大学で電波天文学の修士号を取得。現在は「ニュー・サイエンティスト」誌の宇宙論顧問

林一[ハヤシハジメ]
1933年生まれ。昭和薬科大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

量子論が面白いほど分かる、宇宙が見える!
極小から極大まで、量子論と相対性理論を示しながら宇宙がいかに驚きに満ちた存在であるかをわかりやすく論じていく。『宇宙は何でできているのか』で話題のジャンルに新たなる一冊が登場。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件