清少納言と学ぶ古典文法

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

清少納言と学ぶ古典文法

  • 長尾 誠夫【著】
  • 価格 ¥1,320(本体¥1,200)
  • 彩図社(2022/03発売)
  • 春の学習参考書・辞書ポイント3倍キャンペーン対象商品(4/14まで)
  • ポイント 36pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月03日 19時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801305618
  • NDC分類 815
  • Cコード C7081

出版社内容情報

●ストーリーを読みながら、楽しく古文が学べる!

●共通テストレベルの文法はこの一冊で完全マスター!





――「待っていたよ。君がやって来るのを」

目覚めると、そこは平安時代の宮中だった。古文の偏差値30の〈ぼく〉は、あの清少納言に古典文法の基礎を教わることになった。

古文がニガテな〈ぼく〉でもわかるように丁寧に、時に厳しく、そして優しく古文を教えてくれる清少納言。

やがて、彼女が仕える中宮定子の行く末を知った〈ぼく〉は、「過去を変えてはいけない」というルールと清少納言に報いたい気持ちの間で揺れ動く。

古文を身につけた先に見えた清少納言の思惑、そして迎える結末とは――。

内容説明

ラノベ×古文の新感覚参考書!ストーリーを読み進めるだけで、古文がスラスラわかる。清少納言の授業で古文の基礎を身につけよう!

目次

1日目 動詞の活用(動詞の活用)
2日目 形容詞・形容動詞・助動詞の活用(形容詞・形容動詞の活用;助動詞の活用;中宮定子のこと)
3日目 敬語と助詞の用法(敬語の用法;助詞の用法)
4日目 主語の見分け方と和歌の読解(主語の見分け方;和歌の読解;練習問題)
5日目(最終日) 応用問題(練習問題)

著者等紹介

長尾誠夫[ナガオセイオ]
愛媛県生まれ。東京学芸大学卒業。都立高校国語教師・ミステリ作家。『源氏物語人殺し絵巻』で第4回サントリーミステリー大賞読者賞を受賞。『早池峰山の異人』で第45回日本推理作家協会賞短編部門候補となる。日本推理作家協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。