株、投資信託、FX、仮想通貨…ファイナンシャルプランナーが20年投資を続けてみたらこうなった

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

株、投資信託、FX、仮想通貨…ファイナンシャルプランナーが20年投資を続けてみたらこうなった

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年05月11日 16時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 205p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801305106
  • NDC分類 338.12
  • Cコード C0030

内容説明

投資を長年続けるのって実際のところ、どんな感じなの?FPが自腹で実践してきた投資の顛末。ITバブル崩壊、リーマンショック、東日本大震災、アベノミクス、コロナショック…著者が波乱の市場を20年泳ぎ続けた結果を告白。収支はプラスか、マイナスか?リアルではなかなか聞けない他人の投資話。

目次

第1章 ITバブル崩壊でいきなり資産半減
第2章 BRICsフィーバーで大儲け
第3章 リーマンショックで破産寸前
第4章 東日本大震災でダメ押しのダメージ
第5章 アベノミクス相場に乗り遅れる
第6章 仮想通貨に手を出してみる
第7章 コロナショックとがっぷり四つ

著者等紹介

藤原久敏[フジワラヒサトシ]
1977年大阪府大阪狭山市生まれ。大阪市立大学文学部哲学科卒業後、尼崎信用金庫を経て、2001年に藤原ファイナンシャルプランナー事務所開設。現在は、主に資産運用に関する講演・執筆等を精力的にこなす。また、大学にてファイナンシャルプランニング講座を担当する(大阪経済法科大学経済学部非常勤講師)。著書は累計33冊、累計部数は30万部を超える。保有資格:1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFP(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。