その土地の人が口を閉ざす日本列島のヤバイ話

個数:
  • ポイントキャンペーン

その土地の人が口を閉ざす日本列島のヤバイ話

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月17日 23時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A6判/ページ数 202p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801304956
  • NDC分類 291.09
  • Cコード C0121

内容説明

日本の恐怖の記憶の数々。あなたのそばに潜む日本各地の異界。

目次

1章 一般人が気軽に入ってはいけない場所(異界への入り口・異形の恐山;妊婦の命を飲み込んだ岩の裂け目 ほか)
2章 多くの人命が奪われた場所(火山の噴火でこの世から消えた村;村人を殺しまくった人食いヒグマ ほか)
3章 いまも謎や危険が残るヤバイ話(山中に残された「SOS」の謎;都会の中にぽつんと残された謎の森 ほか)
4章 説明のつかない不可解な現象が起こる場所(人形たちが最後にたどりつく神社;空中衝突した航空機が散った場所 ほか)
5章 歴史的事件に根を持つヤバイ話(世界遺産に眠る藤原一族のミイラ;戦国時代の血がそのまま残る血天井 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

cao-rin

20
日本全国津々浦々、あらゆる土地にまつわる歴史的事件や不可解な現象等を寄せ集めたもの。いかにもという感じのカバーから余り期待せず手にしたが、興味深く読んだ。噂や言い伝えや怪異の真偽はともかく、過去にその土地でどんな事件や経緯があったのか、短い文章に簡潔にまとめられている。ただ如何せん200頁程の本に、40余りの土地の所謂「ヤバイ話」が書かれているので、表面的なのは否めない。特に興味を持ったものは個人的に詳しい本で改めて読んでみたい。2021/01/24

Sobbbit

4
日本に限定してかつ、量があるのは良いことだけど、以前読んだ「世界絶望百景」と比べるとその分1つひとつの怖さがちょっと物足りない印象を受けた。恐らく「世界絶望百景」の方が写真が多く記載されているので、怖さが引き立てられるのだと思う。ただ日本の民俗学的な怖い話を知りたかったら本書が読みやすくて網羅的かなと思った。2021/01/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16877137

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。