戦国武将の土木工事

個数:

戦国武将の土木工事

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月03日 19時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 203p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801304819
  • NDC分類 210.47
  • Cコード C0021

内容説明

インフラから読み解く武将たちの強さの秘密。織田信長は臨時に造られる陣城造りの名手だった、鉱山開発を援助して銀を軍事活用した毛利元就、山国出身の武田信玄が港湾整備を成功できた理由など、土木工事を通じて見る新しい戦国武将たちの姿。

目次

第1部 経済発展を支えたインフラ事業(織田信長×安土城城下町―巨大経済圏の誕生を支えた織田信長の土木工事;武田信玄×金山―誤解されがちな武田家と金山開発の関係に迫る;上杉謙信×直江津―特産品を出荷する港湾都市の整備に着手 ほか)
第2部 土木工事で戦に備える(織田信長×陣城―前線に造った臨時の城で敵をじわじわ攻め落とす;織田信長×石山本願寺―一向宗の建築技術が織田信長を苦しめ続けた;武田信玄×港湾拠点―ゼロから水軍をつくった信玄の港湾整備の秘訣 ほか)
第3部 領国経営の基盤を強化する(武田信玄×信玄堤―盛られ過ぎた信玄の治水事業の実態;北条氏×小田原―北条5代の土木工事で支配体制を盤石に;朝倉氏×一乗谷―足利将軍邸に範をとった時代を象徴した城下町 ほか)

著者等紹介

豊田隆雄[トヨダタカオ]
福島県生まれ。現職の高校教師。埼玉大学大学院修士課程修了。学生時代の専攻は東アジア研究。学校では日本史の他、世界史、地理など社会科全般を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kei-zu

29
仕事柄、「公共工事」と聞くと反応してしまいます。本書の構成は大きく3つに別れ、「インフラ整備」「土木工事」「経営基盤強化」の分野ごと、様々なエピソードを紹介。 学生時代は歴史音痴に地理音痴でしたが、今の仕事で全国の方々と交流させていただき、興味も湧いて来たところです。 そのような読者に、初心者向けの執筆が読みやすい。2023/01/15

yyrn

26
教科書だけでは伝わらない日本史の魅力を生徒たちにもっと知ってもらいたいと、高校教師の著者が生徒たちに人気の高い戦国武将らを題材に、単に戦が強かっただけでなく、領地・領民を治めるためにそれぞれの地で、その特性を生かして様々なインフラ整備(港、道路、治水、城下町、鉱山開発、森林伐採と植林、新田開発等々)を戦の合間に手掛けてきたことを要約して教えてくれる本。良い面ばかりを紹介しているようにも思えるが、純粋培養中?の生徒たちにはちょうどよいのかも。人生の裏を知るのは、大人になってからでも遅くはないしw。2022/10/31

18
大量に参考文献にあげた昨今の新書や専門書を高校の日本史の先生が噛み砕き「加藤清正×新田開発」「信玄×信玄堤」といった具合で28講にまとめた本。土木工事のみならずインフラや経済基盤にまで触れられており、私がとっても好きなやつ。謙信が青苧(繊維)を都に運ぶ港湾税として年間60億ゲットしてたことや朝鮮出兵の際、突貫工事で造られ20万もの人々が全国から集まったものの関ヶ原後に解体された名護屋城の末路、火山のない明に火薬の原料である硫黄を輸出していた西国大名たちなどどれもこれも面白かった。2021/03/03

わたお

13
戦国の世で生き残るためには、戦に強いだけではダメで、国を富ませるために治水をしたり鉱山を開発したり街道を整備したりと、裏では地道な国造りをしていた。いろんな武将のいろんな土木工事が紹介されて面白かった。やっぱり武田信玄の国造りは面白いですね。2021/06/30

色々甚平

9
戦国武将と土木工事。戦もそうだが、災害や街づくりといった面白い視点から見ている本だった。戦略や戦の経過結果などに比べれば地味なのは間違いないが、今でも人間の生活基盤として大切な部分として大切であることが数百年経っても感じられる。現在も災害続きの国であるのは変わりないので、国全体ではなく、この視点から今の都道府県別で、どんな取り組みを行ってきたか、誰が主導していたかなどをまとめて取り上げても面白いかもしれない。2021/11/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16647938
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。