ぼくはアスペルガー症候群 仕事と人間関係編

個数:
電子版価格 ¥623
  • 電書あり

ぼくはアスペルガー症候群 仕事と人間関係編

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月04日 08時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 190p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801302853
  • NDC分類 493.76
  • Cコード C0195

内容説明

集中しすぎて指示を聞き逃す、思い込みで仕事をしてしまう、「だいたいでお願い」がわからない…アスペルガー本人がつづる体験談と障がいとの向き合い方。「アスペルガー症候群の特徴とは?」「職場や人間関係で困ることってどんなこと?」「アスペルガーの人と、どう接したらいい?」あなたの周りにいる“アスペルガー”と向き合うためのヒント、第2弾!

目次

第1章 会社勤めとアスペルガー(空気が読めない;空間認知が苦手 ほか)
第2章 会社での仕事の一幕(ホウレンソウのタイミング;会議の準備 ほか)
第3章 人間関係はむずかしい(対人関係の違和感;秘書検定 ほか)
第4章 これからの仕事とぼくの身近な人のこと(退職勧奨;体の異変 ほか)

著者等紹介

権田真吾[ゴンダシンゴ]
1967年、兵庫県生まれ。神戸市内にあるK大学文学部を卒業後、某大手商社系列のソフトウェア会社に就職。その後、東京都内の非鉄金属商社を経て、大手メーカー系列のソフトウェア会社にヘルプデスクとして入社(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

風鈴

4
前に読んだ本の続編。正直、同じ話が反復して出てくるので、「ああ、またか」と思うけど、そのときそのときで切り口が違うので、「ここでは、こう言いたかったのか」と毎回思える。感服するのは、努力を怠らない姿勢だと感じました。自分には無理ですね・・・。2018/11/22

manamuse

2
第2弾から読んでしまった…。 なんだろう…感想… 現実は厳しい。 誰よりも自分の特性を理解して、 誰よりも努力して、 資格もたくさん取得して、 なのに結果退職勧告。 そして転職先が決まらない。 うつの再発が心配。 私なんて…全然だめだなー。 2018/03/07

Akio Kudo

1
★★★★ 読んでいて、退職奨励を受けていることを知って気の毒になる。本人は一生懸命でも企業は冷たいままなんだと思ってしまった。2019/10/16

ふーぱお

0
アスペルガー症候群の当事者である筆者が、退職勧奨を受けるという現実に向き合いながらも淡々と状況を伝えていることにリアリティを感じました。前作と合わせて著書の印税で何とか収入確保出来ないかなど(同情を込みで)考えさせられてしまった。2020/12/22

odakaz

0
前回読了した本と同じシリーズの「当事者本」である。著者自身が述べているように、この本は独自の特徴を述べたものであり、全てのアスペルガー症候群の方にこの本の内容が当てはまるものではない。本書はアスペルガー症候群の当事者として仕事を進めて行く上で自身の努力や工夫といった点が述べられている。残念ながら著者は職場から退職勧奨を受け、現在転職先を探しているとのことである。この病気を正しく理解し、共生していくために私自身も勉強して行きたい。そして、私たちの社会全体も理解と共生への取組がまだまだ必要だと感じている。2018/05/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12671232

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。