ガイドブックには載っていない本当は怖い沖縄の話

個数:
電子版価格 ¥623
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ガイドブックには載っていない本当は怖い沖縄の話

  • 神里純平
  • 価格 ¥693(本体¥630)
  • 彩図社(2017/05発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 12pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 220p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801302204
  • NDC分類 302.199
  • Cコード C0126

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かおりんご

32
幽霊ネタを期待していたのですが、そうではなくて台風の恐ろしさや米軍との関係、ちょこっとユタネタって感じでしょうか。いまだにユタに相談に行く人がいてビックリです。個人的には、オカルト系の話がもっと読みたかったな。2017/05/05

ナディ

29
う~ん。この人の書いていることのどれくらいが真実なんだろう…。行政書士の資格を持ってると書いてるが、留置場に入った経験談もあり、なんかなあ。ビジネス化した反基地運動とか地元紙の報道は大袈裟だとか。「怖い」ではなく、著者が思う裏の沖縄。なんだろうな。と思った。2017/07/06

澤水月

22
県外から見て疑問に思ってた裏話多々で大満足。「オール沖縄」とは…フリーの著者に言論の自由があり羨ましいと漏らす地元紙記者、基地問題は余りに利害入り組む。返還時、右側から左側通行に転換大混乱だった730。ユタ(スポーツ大会無事を集まり祈る!)や曽祖母の刺青(ハジチ)、県民なら絶対住まない聖地で障り受けた県外人。若い時素行不良で留置所入りし黒人・白人米兵との扱いの差を実感。宮古島の恐ろしい飲酒風習。夜遊び先払い文化やかつての遊郭、辻のジュリたちの気風、不良文化…沖縄旅前の稗史入門に硬軟聖俗取り混ぜ興味深い2017/09/21

二人娘の父

6
内容すべてについてチェックできていないが、明らかに誤った記述があるので指摘したい。小池百合子氏と思われる人物がアメリカ政府の役人にコンビニで「思いやり予算よ」とおごったというエピソードを、沖縄の地元紙の「ねつ造」と断定した文章があるが、それこそねつ造である。詳細は安田浩一『沖縄の新聞は本当に「偏向」しているのか』を読めば出てくるが、著者は2012年当時のエピソード(コンビニでの一件)を、小池百合子氏が防衛大臣だった2007年頃の話と混同している。基本的な情報の確認すらできていないのはたいへん残念である。2022/06/10

fukuokakomachi

2
恐らく沖縄に行ったことがないからだが、沖縄には太陽がさんさんと輝くトロピカルな島というイメージではなく、むしろ戦争の過酷さとか基地問題に苦しんでいるというイメージがあるため、「本要は怖い」というタイトルには意外性を感じなかった。 ただ沖縄には本土で駆逐されてしまったような信仰や神々がまだ生き続けているのだろうと思う。戦争やそれに続く近代化でそうしたものが完全に失われてしまった時こそが沖縄の終わりなのかも。 筆者が存続を心配していたジュンク堂はまだあるようだ。2018/12/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11757099

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。