住宅性能表示100問100答―施行・住宅品質確保促進法

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 167p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784324062500
  • NDC分類 365.3
  • Cコード C0032

内容説明

ブランド力・商品イメージ市場から性能・品質市場へ!!好評「10年住宅保証100問100答」に続く、品確法シリーズ第2弾!!住宅性能表示制度に関連する基本的事項につき、平易にわかりやすく記述。

目次

第1章 総論
第2章 日本住宅性能表示基準
第3章 評価方法基準(検査方法)
第4章 住宅性能評価の申請
第5章 住宅性能評価書
第6章 契約内容との関係
第7章 指定住宅性能評価機関
第8章 住宅型式認定
第9章 その他

著者紹介

犬塚浩[イヌズカヒロシ]
1961年生まれ。’84年慶応義塾大学法学部政治学科卒業。’86年同大学同学部法律学科卒業。’90年司法試験合格。’93年弁護士登録(第二東京弁護士会)。現在、弁護士。建設省住宅生産課主催住宅性能表示保証制度研究会事務局。同住宅紛争処理検討協議会委員。日本弁護士連合会住宅紛争処理検討委員会委員。財団法人ベターリビング法律アドバイザリースタッフ

住本靖[スミモトヤスシ]
1964年生まれ。’87年慶応義塾大学法学部法律学科卒業。同年建設省入省。国土庁などを経て住宅局住宅生産課で住宅品質確保法の立案に参画

真鍋純[マナベジュン]
1963年生まれ。’86年東京大学工学部都市工学科卒業(都市計画専攻)。同年建設省入省。住宅局住宅建設課、住宅生産課、市街地建設課、秋田市都市開発部勤務を経て、’96年7月より住宅局住宅生産課課長補佐。住宅品質確保促進法の立案・施行に参画