ガイドブックには載っていない本当は怖い沖縄の話

個数:
電子版価格 ¥1,122
  • 電書あり

ガイドブックには載っていない本当は怖い沖縄の話

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784801300965
  • NDC分類 291.99
  • Cコード C0026

内容説明

米軍基地から心霊スポット、繁華街の裏話、琉球王朝の文化、恐ろしい沖縄の風習まで―あなたの知らない沖縄のもう1つの顔。

目次

第1章 観光客が行かない裏名所(沖縄の心霊スポット―本当は怖い沖縄の霊域;沖縄遊郭の歴史―独自の発祥を持つ辻遊郭 ほか)
第2章 本当は怖い沖縄の文化と歴史(沖縄の刺青文化―手の甲に入れるハジチという刺青;ユタとノロ―沖縄の民間信仰とユタ ほか)
第3章 沖縄とアメリカの危険な関係(日本とアメリカの力関係―日米地位協定とYナンバー;米兵の素顔―私が知り合った怖い米兵 ほか)
第4章 本当は怖い沖縄の生活(沖縄の台風―沖縄に来る台風の凄まじさ;沖縄の食文化―長寿県でなくなりつつある沖縄 ほか)

著者等紹介

神里純平[カミザトジュンペイ]
1979年生まれ。中堅のリサイクルメーカーにサラリーマンとして勤務し、会社内から出る産業廃棄物の収集運搬やグループ内の在庫移動の業務に従事する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ロア

22
沖縄の闇の部分を、広く浅く知る事ができます。基地問題や各種補助金問題など、闇は深いなぁ( ´△`)そして、戸惑いを隠せない程、誤植が多かった(汗)ランニングコストのことをランキングコストと書いてあったり、性別がおかしな事になっていたり。途中からは次の誤植が待ち遠しくなってきて、結果的に二重に楽しめたかも∠( 'ω')/2015/10/31

13
文章の質的にイマイチな箇所もあるがまあまあ面白い。Yナンバーの話が一番興味深く、そして怖かった。問題を起こして軍属から離脱した者が不法に滞在できてしまうということ。2021/06/26

katerinarosa

6
最近はそうでない部分も報道されるようになったけどああ、やっぱりみなさん言うほど全部が全部反対じゃないんだねと。「言論の自由があるんだね」と羨ましそうに呟く地元新聞記者の友人、沖縄移住の闇、不動産バブルetc 怪談話より恐ろしいお話がたくさん。ポリコレのみなさんが読んだら卒倒しそうな内容ですが、コレが現実なんでしょうね。面白かったです。2017/02/10

yamakujira

5
沖縄で生まれ育った著者が、観光旅行では知ることのできない沖縄の裏側を見せてくれる。闘牛は半ば公然の賭場だとか、歓楽街では客引きを探すとか、琉球王国は酷い国だったとか、派手な成人式で潤う業界も少なくないとか、根性焼の痕にハジチの精神を思うとか、現在の習俗や過去の歴史に県民ならではの視点を感じておもしろい。半基地運動はビジネスになってると腐す一方で、補助金とか軍用地の利権を皮肉ったり、海兵隊員の素性に呆れたり、言いたいことを言ってる自由度が好ましい。基地問題って聞けば聞くほど原発に似てるなぁ。 (★★★☆☆)2019/10/05

Machida Hiroshi

5
本書は、心霊スポットや廃墟などの観光客があまり行かない裏名所や、アメリカの駐留問題や基地問題、変わった風習など、普通のガイドブックには載っていないような島人ならではの裏情報を集めた、一風変わったガイドブックになります。とはいえ、僕自身、沖縄本を読むのが趣味でもあるので、知ってることも多かったです。面白かったのは、著者が、基地内を自分の車で走ってみたり、Yナンバーを取ろうとしてみたりと、変わったことを試したり、調べてみる努力をしているところです。ちょっと興味深い沖縄の裏事情を、さらに知ることができました。 2016/12/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9842450

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。