ヤバい現場に取材に行ってきた!

個数:

ヤバい現場に取材に行ってきた!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月06日 22時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 287p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801300828
  • NDC分類 368
  • Cコード C0195

内容説明

違法な現場、立ち入り禁止の現場、不可解な現場、危険な現場…。依頼を受ければあらゆる現場に潜入し、雑誌や書籍などに記事を書く取材記者。彼らは危険と隣合わせの「現場」で、なにを見て、なにを感じているのか?銃弾飛び交うイラクで命を縮め、悪名高き児童売春村で戦慄し、限界を超えたゴミ屋敷で人生を諭し、大麻マンションで未来を憂う―ベテラン取材記者が軽妙な筆致で紡ぐ“ヤバい”現場のルポルタージュ!

目次

第1章 海の向こうのヤバい現場 爆弾テロ現場(@イラク・バクダット)
第2章 日本のヤバい現場 右翼の抗議デモ現場(@東京・ロシア大使館前)
第3章 日本のヤバい現場 大麻栽培現場(@都内某所)
第4章 日本のヤバい現場 ドラッグ密売現場(@東京・上野&渋谷)
第5章 日本のヤバい現場 ゴミ屋敷(@首都圏某所)
第6章 男と女のヤバい現場 ハプニングバー(@都内某店)
第7章 海の向こうのヤバい現場 プロの物乞いの営業現場(@マレーシア・ジョホールバル)
第8章 海の向こうのヤバい現場 少女売春村(@カンボジア・スワイパー)
第9章 男と女のヤバい現場 婚活パーティー会場(@東京・新宿)
第10章 日本のヤバい現場 アレフ東京道場(@東京・西荻窪)
第11章 日本のヤバい現場 戸塚ヨットスクール合宿所(@愛知・河和)
第12章 男と女のヤバい現場 不倫妻ストーキング&突撃現場(@東京・俺のアトリエ)
第13章 海の向こうのヤバい現場 豚の解体現場(@フィリピン・シキホール島)
第14章 日本のヤバい現場 インディーズAVメーカー事務所(@東京・綾瀬)
第15章 男と女のヤバい現場 エロ本の撮影現場(@東京・代田橋)
第16章 海の向こうのヤバい現場 まやかしの劇場空間(@北朝鮮・平壌)
第17章 男と女のヤバい現場 闇デリヘル待機所(@都内某所)

著者等紹介

石原行雄[イシハラユキオ]
文筆業。ノンフィクションを中心に執筆。売買春、麻薬密造、自殺、戦場…と、命を作る現場から命が消える現場まで、数々の突撃/潜入取材を敢行。海外ネタにも強く、チベット、ミャンマー、空爆下のアフガン国境、津波被災後のスマトラ島など、約40カ国に取材(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

S.コーニック

3
「爆弾テロ現場」「豚の解体現場」「エロ本の撮影現場」がぼくのベスト3。エンディングも、著者の態度と距離感の摂理を宣言しているようで読後感が最高のまま本を閉じました。テロ現場の文章は、沢木耕太郎氏にも近しいノンフィクション哲学が垣間見れたような気がします。全体的にハードボイルド調文章と姿勢であって、余計な飾りのないのが好印象。華美に物事を切り取らないプロの文章で参考になりました。2022/04/09

伊達酔狂

2
★★★★2015/07/25

桜花

0
一番笑ったのが婚活パーティーの頁。 ホントに結婚がなかなかできない人には男女関係なく理由があるものだなー、と思いましたwww2015/07/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9770773

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。