• ポイントキャンペーン

マンガ視覚文化論―見る、聞く、語る

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 418p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784801001831
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0095

内容説明

前著『マンガを「見る」という体験』に続き、マンガ研究の最前線を走る12名によるマンガ論のハードコア!!“マンガ的体験”を“近代”の枠組みのなかに置き、マンガを「見る」/「聞く」/「語る」という知覚体験から捉えなおし、コマ/フレーム/フキダシについて斬新な切り口から論じる画期的な論集。

目次

序章 「見る」ことから「語る」ことへ
1 表現論と視覚文化論―「読む」のか「見る」のか
2 感覚の広がり―「見る」から「聞く」「感じる」へ
3 語るイメージの近代―「読む」ことと「聞く」こと
4 マンガのフレームとシステム―ふたたび表現をめぐって
終章 観察者の行方―ポスター、絵本、ストーリー・マンガ

著者紹介

鈴木雅雄[スズキマサオ]
1962年、東京都生まれ。早稲田大学教授。専攻、シュルレアリスム研究

中田健太郎[ナカタケンタロウ]
1979年、東京都生まれ。日本大学ほか非常勤講師。専攻、シュルレアリスム研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報



鈴木雅雄[スズキマサオ]
1962年、東京都生まれ。早稲田大学教授。専攻、シュルレアリスム研究。著書に、『シュルレアリスム、あるいは痙攣する複数性』(平凡社、2007年)、編著に、『マンガを「見る」という体験』(水声社、2014年)、訳書に、ジョルジュ・セバッグ『崇高点――ブルトン、ランボー、カプラン』(水声社、2016年)など。

中田健太郎[ナカタケンタロウ]
1979年、東京都生まれ。日本大学ほか非常勤講師。専攻、シュルレアリスム研究。著書に、『ジョルジュ・エナン――追放者の取り分』(水声社、2013年)、『マンガを「見る」という体験』(共著、水声社、2014年)、訳書に、J・シェニウー=ジャンドロン『シュルレアリスム、あるいは作動するエニグマ』(共訳、水声社、2015年)など。