映画秘宝COLLECTION
サ・ン・ト・ランド―サウンドトラックで観る映画

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 229p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784800313461
  • NDC分類 778.4
  • Cコード C0074

出版社内容情報

映画秘宝で「サントラ千枚通し」を連載中の長谷川町蔵氏による、音楽から観る映画の楽しさを知る1冊。連載をもとに100のトピックにより分けて、2000年代以降の映画の動向がわかるような内容。

内容説明

映画をミックステープとして撮る監督がいる!アニメ映画の音楽は「心温まる」ものではない!史上最も売れたサントラ盤に隠された抗争とは!サントラ盤を聴けば、映画の真実が見える!『映画秘宝』好評連載「サントラ千枚通し」に大幅な改稿改定を加えたサントラファン必携の決定版!

目次

1 サントラで綴る映画クリエイターズ・ファイル
2 サントラから紐解く米国アニメ興亡史
3 俳優だって音楽にこだわるのだ
4 フランチャイズは時代の音とともに
5 サントラ・プロフェッショナルの流儀
6 サントラで聴くポップ・ミュージック・ヒストリー 前編
7 21世紀ミュージカル映画考
8 サントラで聴くポップ・ミュージック・ヒストリー 後編
9 ミュージシャンの伝記映画でわかること
10 語っておきたいサントラ余話
21世紀必聴のサウンドトラック100

著者等紹介

長谷川町蔵[ハセガワマチゾウ]
1968年生まれ。東京都町田市出身。ライター・コラムニスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

踊る猫

17
感服させられる。それほど圧倒的な映画と音楽に対する情報が詰まっており、そしてなによりもイヤミなところがない。本当にポップカルチャーが好きな人ならではの文章という感じが匂って来る。その分毒がないとも言えるのだけど、なにはともあれここまで勉強させられる本だと期待していなかったので(失礼!)、他の長谷川氏の本も読みたくなってしまった。切り口が多彩で、単調になりかねないネタを使い回すことなく鮮やかに調理する技芸を見習いたい。ただ、難を言えばスマートに過ぎる嫌いはある。ぶっ飛んだところがないのだ。瑕疵に過ぎないけど2018/03/26

F4ふぁんとむ

3
映画と音楽の両方に造詣が深いと、これほどまでに素晴らしい本が出来上がるとは。もっと読みたいよぉ。2021/02/15

イトウマコト

2
お正月休みに読もうと意気込んでいたのを、ようやく読了。 『サ・ン・ト・ランド サウンドトラックで観る映画』(長谷川町蔵著 洋泉社刊)面白かったー。町蔵さんの文章の読後感は、甘酸っぱい。青春映画を観終えた感じに似ている。追っていきたい書き手の1人。知っている映画についても、知らなかった映画についても面白く読めるんだな、さすがの映画秘宝!2018/01/22

レンコン餅

2
音楽映画だけじゃなくても、音楽が大切に使われる映画がたくさんある。それを改めて教えてくれた。まだまだ映画や海外ドラマが衰えない限り、サントラの魅力は、増していくなあ。  TSUTAYAにいって、何本も借りてしまった。2018/01/10

watarum

1
長谷川町蔵氏は文章がうまいなあ。スラスラと流れるように読める。もともとの映画秘宝の連載は昔はずっと読んでいたから、今回はリミックスというかだいぶ編集されてるけど、まとまっていて面白い。逆にもともとの連載をまとめた完全版も読みたいのだけれど。2018/12/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12399663

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。