宝島社文庫<br> 異世界居酒屋「のぶ」四杯目

個数:
電子版価格 ¥643
  • 電書あり

宝島社文庫
異世界居酒屋「のぶ」四杯目

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年05月19日 06時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 349p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784800277954
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

アニメ化企画進行中!シリーズ累計45万部突破の人気シリーズ四杯目!春が来て暖かな陽が差し込むようになった居酒屋「のぶ」。昼のランチ営業がはじまったことで「ヒガワリ」の定食を求める声が上がり、いつにも増して賑わっていた。そんな中、連合王国からやって来た遍歴商人から買った豆が、大豆であることに気づいた大将としのぶ。こちらの世界にも醤油があるかもしれない? 海の向こうにある連合王国について調べるうちに、とある男が「のぶ」の戸を敲く……。 異世界の食材を取り入れてより美味しくなった居酒屋「のぶ」、今日も営業中

内容説明

春が訪れた古都。昼のランチ営業では「ヒガワリ」の定食を求める声が上がり、いつにも増して店は繁盛していた。ある日、連合王国からやってきた遍歴商人から貰った豆が大豆だと分かり、さらにその壺から微かに醤油のにおいがした。こちらの世界にも醤油があるかもしれないことに、ハンスの胸は高鳴った。そして夏のある日、海を越えてきた男が「のぶ」の戸を敲く。様々な縁が交錯する異世界グルメファンタジー、第4弾。

著者等紹介

蝉川夏哉[セミカワナツヤ]
1983年生まれ、大阪府出身。2012年に『邪神に転生したら配下の魔王軍がさっそく滅亡しそうなんだが、どうすればいいんだろうか』でデビュー。2014年に『異世界居酒屋「のぶ」』が第2回「なろうコン大賞」を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件