マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ<br> 黄身が白と言った殻 〈1〉

個数:
電子版価格 ¥605
  • 電書あり

マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ
黄身が白と言った殻 〈1〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月23日 01時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 161p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784800007988
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しましまこ

16
難しい!2018/09/23

kaya

2
ある日、目を覚ましたナツが迷い込んでいたのは、〝内〟と〝外〟の世界に狭間の世界〝エッグ〟だった。そこは人間が暮らす世界とは違い、クジラが空を飛んでいたり、巨人級ロボットが街中を清掃していたり、人外で変てこな生き物たちが暮らしていたりする。そして、そんなエッグの管理をするポーターと呼ばれるお面をつけた集団に保護されたナツ。自分がエッグにやってきた理由もわからず、元の世界に戻ることもできず、人の世界の常識も通じない不思議な異世界での変てこファンタジックな暮らしが始まる。個性的なポーターたちや内の住人たちとの2020/01/08

雪洞(ぼんぼり)

2
ごちゃごちゃとよくわからない生き物がたくさん描かれたキモ可愛いファンタジーの世界に、少し切なさを含んだストーリーが良いです。子どもの頃に家族が所有していて読んだ「タイニーポムポム」という漫画にもどこか雰囲気が似てる気がして、個人的に少し懐かしくなりました。続きも書籍で読みたいですが、電子版でしか読めないのでしょうか……書籍化されるのを切に願います。2019/04/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13057853
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。