二度目のパリ 歴史歩き

電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

二度目のパリ 歴史歩き

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 239p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784799313145
  • NDC分類 283.5
  • Cコード C0026

出版社内容情報



ジョン バクスター[ジョン バクスター]
著・文・その他

内容説明

マリー・アントワネット、ナポレオン、ショパン、プルースト、シャネル、ダリ、ヘミングウェイ、ゴダール…歴史を彩ってきた人物と歩く、“もうひとつのパリ”ガイド。

目次

頭を斬り落とされた聖人―パリに息づく聖ドニの伝説
エロイーズとアベラールの恋物語―語り継がれる中世の恋愛スキャンダル
民衆に愛されなかった王妃―マリー・アントワネットの真実
苦痛のない“人道的な”処刑法―ギロチンという発明
英雄とその最愛の女性―ナポレオンとジョセフィーヌ
ショパンの恋人―ジョルジュ・サンドの情熱
名作が救った大聖堂―ヴィクトル・ユゴーとノートルダム
実在した「椿姫」―高級娼婦、マリー・デュプレシの生涯
写真の革命児―ナダールのエキセントリックな人生
象の料理を出すレストラン―パリ包囲と美食の都の維持〔ほか〕

著者等紹介

バクスター,ジョン[バクスター,ジョン] [Baxter,John]
伝記作家、映画批評家、作家。1989年よりパリ在住

長崎真澄[ナガサキマスミ]
神戸大学文学部卒業、ニューヨーク大学大学院で修士号取得。テレビ局、新聞社勤務を経て、フリー。主にビジネス誌で翻訳を手掛ける。別名でノンフィクション作家、放送作家としても活動し、著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

fu

12
ガイドブックというと、現在のパリに焦点を当てていることが多いが、歴史のある街は、過去に思いを馳せてみると尚楽しめる。本の前半は、パリで暮らしたダリやココ・シャネル、ロートレック、ヴィクトル・ユゴー等人物紹介、歴史的建造物の由来から1911年のモナリザ盗難事件等読み物として面白く、後半は地域ごとにまとめられているので、実際に街歩きする時のガイドブックとしても重宝しそう。2014/07/13

nizimasu

7
やっぱり旅行の楽しみのメインはかつての歴史を尋ねる旅。そんなスポットを当時のエピソードを紹介しながらゆかりの地を紹介する本。斬首された首を持って歩く聖ドニの伝説からシュールレアリズムに、ヌヴェルバーグの時代までそれぞれの場所を巡るのが楽しい。おそらくパリを訪れたことのある人なら「あのへんね」とわかるからうらやましいぞ。巻末には、主要なエリア別の名所紹介をしつつ、そのスポットのそれぞれの歴史をつまびらかにしていて、日本のガイドブックにはないリッチな世界観を堪能しました2014/05/15

Hiroyuki Ito

0
京都が終わったから、次はパリ。歴史上の人物で綴る、もうひとつのパリガイドです。2013/07/15

Hiro

0
誤植が散見されるのは残念だがつい先日パリに初めて行ってきた私にはとても興味深い本。パリにゆかりある人物出来事を24の文章に綴っている。巻末ではオペラ座地区はじめ8つの地区を地図入りで示し、本文で触れたモニュメント、施設、カフェなどの位置を確認しながら、土地の歴史を紹介する、という懇切丁寧な作りで、これを読んだ上で今からパリ見物できるのならさぞ良かろうと後悔した。先日のパリは美術館と凱旋門を見たのがせいぜいであとは足を棒にして歩き回った疲れしか残っていない。せっかく行ったのに見過ごしたものの多さに驚く。2019/11/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6888089

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。