自治と参加の理論―住民投票制度と辺野古争訟を中心として

個数:

自治と参加の理論―住民投票制度と辺野古争訟を中心として

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年06月23日 03時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 408p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784798919027
  • NDC分類 318
  • Cコード C3031

内容説明

わが国の民主主義のあり方を問う!政党や政治家のスキャンダルが絶えない昨今、国民には政治に対してある種の諦観すら広がっている。ただ一方的に政治家を糾弾するだけではなく、国民がわが国の「民主主義」のあり方について今一度考え直さなければならないだろう。本書は、公共事業や市町村合併などをめぐって各地で行われてきた住民投票、そして辺野古新基地建設をめぐる国と沖縄県の間で繰り広げられた争訟についての法律論をまとめ、市民の声が反映されるはずの民主主義が形骸化している日本の現状を喝破する。選挙に勝てば後は何をしてもよいというような日本の民主主義のあり方を改め、よりよいものとするため市民一人一人に必要な参加と熟議のあり方を提言した労作!

目次

第1部 住民投票の理論(日本の住民投票制度の現状と課題について;常設型住民投票条例の制度設計;住民投票法制化への視点―住民投票立法フォーラムの試案を中心として;市町村合併をめぐる住民投票の動向と問題点;徳島市住民投票 ほか)
第2部 辺野古争訟と地方自治の理論(辺野古埋立をめぐる法律問題を再考する;辺野古新基地建設と国地方係争処理委員会の役割;辺野古県民投票と沖縄の自治:県民投票の結果は活かされているか;辺野古県民投票と埋立承認の撤回について;ミズーリ州の自治憲章(ホームルール)に関する一考察)

著者等紹介

武田真一郎[タケダシンイチロウ]
1959年東京生まれ。徳島大学総合科学部助教授、愛知大学法学部助教授、成蹊大学法科大学院教授を経て、成蹊大学法学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。