美術鑑賞学習における思考の可視化と深化

個数:

美術鑑賞学習における思考の可視化と深化

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月31日 08時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 296p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798918174
  • NDC分類 707
  • Cコード C3037

内容説明

視覚イメージと言語を相互作用させる美術鑑賞学習が培う、新時代の能力形成論!知識詰め込み型の学習から脱却し、そして主体的に学び柔軟な思考から物事を捉える能力の育成が教育界に求められるようになって久しい。人間の持つ多様な個性や創造力、表現力の結晶とも言える美術作品を通した探究が、こうした能力を身につけるための重要な学びとして注目されている―。美術作品や作家についての知識の学習を超えて、視覚イメージの言語化のプロセスで思考を可視化し深めるための新たな美術鑑賞教育の方法論を提案する一冊。

目次

序章 研究の目的と方法
第1章 新しい能力観と美術鑑賞学習
第2章 美術鑑賞における熟達化と思考の深化
第3章 美術鑑賞における思考の可視化方略
第4章 協働的な活動を通した美術鑑賞での思考の可視化
第5章 美術鑑賞学習における視覚イメージと言語の相互作用
第6章 意味生成のための美術鑑賞学習
終章 研究の成果と課題

著者等紹介

石崎和宏[イシザキカズヒロ]
筑波大学大学院博士課程芸術学研究科修了、博士(芸術学)、秋田大学助教授、宇都宮大学准教授、筑波大学准教授を経て、筑波大学芸術系教授

王文純[オウブンジュン]
国立臺湾師範大学美術研究所修了、筑波大学大学院博士課程芸術学研究科修了、博士(芸術学)、オハイオ州立大学客員研究員、筑波大学大学院非常勤講師などを経て、宇都宮大学共同教育学部非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。