連邦制国家インドにおける高等教育の展開―1990年代以降の変化に着目して

個数:

連邦制国家インドにおける高等教育の展開―1990年代以降の変化に着目して

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月07日 14時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 185p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798917597
  • NDC分類 377.225
  • Cコード C3037

内容説明

特異な連邦制国家インドで繰り広げられる、教育政策決定の権限をめぐる中央と州の相克。13億もの人口を擁し、宗教・言語・民族的にも多様性に富むインドでは、「インド人」としての国民統合を果たすため連邦制が採用されている。他方、インドの連邦制は「中央集権的連邦制」とも呼ばれ、各政策決定に中央政府が一定の権限を有する特異なものだ―。本書では、グローバリズムが進展した1990年代以降、教員資格や入試など各制度の政策決定権をめぐって顕在化した、中央‐州両政府間の緊張関係を明らかにする。インド教育制度の複雑な仕組みを丁寧に解きほぐし、その体系的な分析を行った類書なき一冊。

目次

序章 研究の目的と課題
第1章 インド高等教育制度の成立過程
第2章 高等教育機関をめぐる連邦政府の動向
第3章 大学教員資格試験制度の展開
第4章 大学入学者選抜制度の展開
終章 連邦制国家インドにおける高等教育の展開

著者等紹介

渡辺雅幸[ワタナベマサユキ]
1981年生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程研究指導認定退学。博士(教育学)。比較教育学専攻。日本学術振興会特別研究員(DC2)、京都大学大学院教育学研究科助教、京都大学学際融合教育研究推進センター地域連携教育研究推進ユニット特定講師を経て、現在、びわこ学院大学教育福祉学部子ども学科講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。