居住福祉の諸相

個数:

居住福祉の諸相

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年06月15日 23時09分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 183p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784798917559
  • NDC分類 365.3
  • Cコード C3336

出版社内容情報



野口 定久[ノグチ サダヒサ]
著・文・その他/編集

岡本 祥浩[オカモト ヨシヒロ]
著・文・その他/編集

内容説明

アフター・コロナ時代、新たな居住福祉社会の実現に向けて―。超高齢化社会、一人暮らし世帯の増加、経済格差拡大、建物の老朽化、都市開発等による強制転居、人的災害・自然災害、そしてパンデミック―。ソフト/ハード、国内/国外問わず様々な方面から押し寄せる社会変動の波によって、人々が安心して生活を営むために最も重要な「居住」が危ぶまれている。「一人ひとりにふさわしい居住」の実現を目指した、居住福祉叢書第3弾!

目次

序章 コロナが問う居住福祉―パンデミックを超えて
第1章 居住福祉学の新たな視点―生活資本論
第2章 東アジア大都市における居住貧困問題と居住福祉の実践
第3章 社会的包摂と居住福祉―地域コンフリクトの克服
第4章 地域包括ケアと居住福祉―地域を基盤とした「住まいとケア」
第5章 「居住福祉」と経済発展・政治意識
第6章 コロナ危機に向き合う居住福祉社会―社会的距離と社会的包摂
第7章 居住福祉教育―社会がつくる居住

著者等紹介

野口定久[ノグチサダヒサ]
1951年兵庫県に生まれる。現職は佐久大学人間福祉学部教授および日本福祉大学名誉教授、博士(社会福祉学)。専攻は、地域福祉、社会福祉政策、居住福祉。過疎地集落など現地を訪ね、そこに暮らしている人々の話を聞き、その言葉を理論的にまとめ、それぞれの自治体の政策や計画に提言している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。