東信堂ブックレット<br> CEFRって何だ―インクルーシブな語学教育

個数:

東信堂ブックレット
CEFRって何だ―インクルーシブな語学教育

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月07日 14時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 64p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784798917177
  • NDC分類 807
  • Cコード C1330

内容説明

グローバル化の進展とともに外国語の重要性が謳われて久しい一方、わが国の英語教育は学習開始時期が早まりはしたものの、あくまで受験科目としての認識が未だに強い。本書は、多様な言語・文化的背景を有する47カ国が加盟する欧州評議会が生んだ、テストに基づかない使える言語力「CEFR(セファール)」の理念と導入経緯、そしてCEFRを交換留学の基準とした日本の大学の実践を解説した、東信堂ブックレット第4弾!

目次

第1章 排除かインクルーシブ(包摂、共生、統合)か(一民族一言語一国家の実態;新渡戸稲造と国際連盟;移民と難民とヨーロッパ;EUの教育・言語政策;欧州安全保障協力会議 ほか)
第2章 欧州評議会とCEFR(セファール)(欧州評議会と言語政策;欧州評議会の複言語主義;コンピテンス理論で言語教育を構成する;CEFRの理念;CEFRのコンピテンス論 ほか)
第3章 EUの言語状況

著者等紹介

福田誠治[フクタセイジ]
1950年岐阜県生まれ。1979年より42年間都留文科大学に勤務。前都留文科大学学長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。