副田義也社会学作品集〈第9巻〉教育勅語の社会史

個数:

副田義也社会学作品集〈第9巻〉教育勅語の社会史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月27日 07時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 410p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798916637
  • NDC分類 361.08
  • Cコード C3336

内容説明

戦前、学校教育を通じて国民に帝国主義的な倫理規範やアイデンティティを植え付けるべく生み出された「教育勅語」。その成文過程は、天皇制に基づいた上意下達のものとは言い切れず、当時の歴史的・政治的状況を背景とした、政府と宮廷の対立や、さまざまな思想同士のせめぎ合いがあった。そして、戦期の「日本人」を規定したその政治文書は、敗戦後に効力を失ってもなお、現代日本を生きる私たちの心髄に根付いている―。教育のきわめて政治的な一面を喝破し、日本人の本質を淵源まで捉えた一冊。

目次

第1章 「教育勅語」の成立前史
第2章 「教育勅語」の本文批評と性格規定
第3章 「教育勅語」をめぐる諸思想の葛藤
第4章 「教育勅語」の作用と効果
第5章 「教育勅語」を補完した詔勅など
第6章 「教育勅語」の排除と失効確認まで