アメリカ大学史における女性大学教員支援政策

個数:

アメリカ大学史における女性大学教員支援政策

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年06月30日 17時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 231p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798916200
  • NDC分類 377.13
  • Cコード C3037

内容説明

1920年代、第一波フェミニズム運動衰退の中で、アメリカでは女性大学教員への支援拡大が推し進められた。それは、戦間期のトップダウン政策によってあくまで部分的に留まる結果となったものの、1970年代の第二波フェミニズム運動興隆の中で転換期を迎え、学術学会を中心に女性大学教員への支援が大きく拡大したことの確かな礎となっていた―。政策文書など数多の一次史資料を用いて1920年代における高等教育の制度づくりの経緯を辿り、そして1970年代に各学術学会に誕生した「女性委員会」の詳細なケーススタディを通して、現在のアメリカ高等教育における女性大学教員支援の淵源を捉えた力作。

目次

本書の構想と基本的視座
第1部 1920年代における女性大学教員職の拡大と排除(1920年代のアメリカ合衆国における女性大学教員―「拡大と排除」はどのように進行したのか;大学の認証評価はどのように定義されていったのか―アメリカ教育審議会(ACE)と大学認証評価
1920年代のアメリカ女性大学人協会(AAUW)による大学認証評価)
第2部 1970年代の女性大学教員支援政策:受容から積極的支援へ(女性研究者支援政策と学術学会;アメリカ教育研究学会(AERA)と女性研究者支援政策
アメリカ心理学会(APA)と女性研究者支援政策の展開―マイノリティ概念をめぐる相克
アメリカ歴史学会(AHA)における女性委員会の成立とその意義
アメリカ社会学会(ASA)と女性のための専門学会の設立)
本研究の総括および残された課題

著者等紹介

坂本辰朗[サカモトタツロウ]
1952年生まれ。慶應義塾大学で博士号取得。創価大学教授。専門は、大学史、比較・国際教育学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。