メルロ=ポンティの表現論―言語と絵画について

個数:

メルロ=ポンティの表現論―言語と絵画について

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月09日 13時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 158p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798915906
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C3010

内容説明

インターネットメディアが発達した今日、言語と画像がモニターの上を覆いつくしている。人間は、言語や画像という媒介を通して、どのように「意味」を認識するのだろうか。本書は、プラトン、デカルト、ロック、カントら古代から近代に至る哲学、ソシュールの言語学、フッサールの現象学など、表象に関わる知的体系の中に20世紀フランスの哲学者メルロ=ポンティの思想を配置し、表現媒体としての「言語」と「絵画」の持つ意味について考察する。表現媒体としての「絵画」の流動性・多義性、および「経験」という新たな項の重要性を指摘した労作。

目次

第1章 古典的哲学における表象の理論(プラトンのイデア論;エピクロス―エイドーラによる視覚論 ほか)
第2章 ソシュール言語学とメルロ=ポンティの解釈(分類と差異―アリストテレスの「定義」を手がかりに;ソシュールの言語理論)
第3章 現象学の諸問題(記号・表現・意味;言語的意味と前言語的意味 ほか)
第4章 メルロ=ポンティの絵画論(描くことの前提としての知覚;絵を描くこと ほか)
まとめ:言語的表象と絵画的表象、連合関係
振り返りとさらなる問題

著者等紹介

小熊正久[オグママサヒサ]
1951年、新潟県生まれ。東北大学大学院満期退学。博士(文学)。山形大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。