文部科学省の解剖

個数:

文部科学省の解剖

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月20日 21時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 274p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798915531
  • NDC分類 317.27
  • Cコード C3037

内容説明

近年、多くのスキャンダルが取り沙汰され、しばしばメディアや世論の標的となっている印象をぬぐえない文科省ではあるが、果たしてどれだけの人がこの組織の実態を理解しているのだろうか?本書は、幹部職員に対する初となるサーベイ、文科省と官邸・他省庁・地方自治体関係、庁舎内の部署配置・執務室内の座席配置分析といった行政学的分析を通じて、文部省/科技庁の統合後の変容も含めた、中央省庁の一翼としての文科省の組織構造を明らかにする。文科省研究の先駆的一冊であり、かつ日本の教育改革をめぐる構造的問題を解明した気鋭の共同研究。

目次

第1章 官僚制研究に文部科学省を位置づける
第2章 サーベイにみる文部科学省官僚の認識と行動
第3章 文部科学省の格差是正志向と地方自治観
第4章 組織間関係からみた文部科学省―「三流官庁」論・再考
第5章 文部科学省と官邸権力
第6章 配置図からみる文部科学省統合の実相
第7章 旧科学技術庁の省庁再編後の行方―「総合調整」から「司令塔」への進化?
第8章 文部科学省設置後の幹部職員省内人事と地方出向人事の変容
英文要旨

著者等紹介

青木栄一[アオキエイイチ]
東北大学大学院教育学研究科・准教授(教育行政学)。1973年千葉県生まれ。2002年東京大学大学院教育学研究科修了、博士(教育学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kenji Suzuya

3
文部科学省の官僚に対するサーベイ調査をもとにした研究。そこから見えるのは、財務省に対抗する実力に欠けると自己認識をし、与党族議員との蜜月を所与とする全体的な傾向と、特に旧文部系については専門的知識や現場の知見を重視しない意志決定のあり方である。説明能力の弱さを族議員の力で補うのが常態化し、自ら専門性と説明力を身に付けることは眼中からなくなってしまったのか。また、省庁統合という観点からは、官房三課での座席配置をもとに、旧文部省と旧科学技術庁の統合(ないし割拠)の実態も触れられている。2019/07/07

くつ

0
第5章の接触頻度が、局長が多く官邸アクターが少ないのは当然であり、どこの省庁も同様と思われるが。2020/01/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13720043
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。