大学生白書〈2018〉いまの大学教育では学生を変えられない

個数:

大学生白書〈2018〉いまの大学教育では学生を変えられない

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年03月20日 00時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 149p/高さ 30cm
  • 商品コード 9784798915135
  • NDC分類 377.9
  • Cコード C3037

目次

第1章 「大学生のキャリア意識調査」の結果を読み解くために(解説)(「大学生のキャリア意識調査」の特徴;学び成長する学生のキャリア意識は高い;学習とキャリア意識はどのように繋がったか ほか)
第2章 「大学生のキャリア意識調査」の結果(調査概要;分析データ;主な結果 ほか)
第3章 高等学校の卒業生調査、大学の数学IRのベンチマークとして(分析イメージ;ベンチマークとしての推奨項目;調査の実施方法について)
巻末資料1 『大学生のキャリア意識調査2016』調査票
巻末資料2 『大学生のキャリア意識調査2016』属性別の結果

著者等紹介

溝上慎一[ミゾカミシンイチ]
1970年1月生まれ。大阪府立茨木高等学校卒業。神戸大学教育学部卒業、1996年京都大学高等教育教授システム開発センター助手、2000年講師、2003年京都大学高等教育研究開発推進センター助教授(のち准教授)。2014年より教授。大学院教育学研究科兼任。教育アセスメント室長。京都大学博士(教育学)。日本青年心理学会常任理事、大学教育学会常任理事、『青年心理学研究』編集委員、“Journal of Adolescence”Editorial Board委員、公益財団法人電通育英会大学生調査アドバイザー、学校法人桐蔭学園教育顧問、中央教育審議会臨時委員、大学の外部評価・AP委員、高校のSGH/SSH指導委員など。日本青年心理学会学会賞受賞。専門:心理学(現代青年期、自己・アイデンティティ形成、自己の分権化)と教育実践研究(学習と成長パラダイム、アクティブラーニング、学校から仕事・社会へのトランジションなど)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。