実践から考える金融教育の現在と未来

個数:

実践から考える金融教育の現在と未来

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月20日 22時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 254p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784798914732
  • NDC分類 338.07
  • Cコード C3037

内容説明

電子マネーや仮想通貨など「カネ」に関わる新たな仕組みが続々と登場している今日、子どもたちに向けた金融教育の充実は学校教育に突き付けられた喫緊の課題である。金融教育を学校教育に展開するための方法を追求した挑戦的取り組み「東京学芸大学・みずほFG金融教育共同研究プロジェクト」に携わり、12年に渡って金融教育のあり方について熟議と実践を繰り返してきた産学双方の執筆者たちによる、金融教育の課題究明及び今後のあり方を指南した本書は、テキストの不足する金融教育関係書にとって類書のない包括的概説書でもある。

目次

金融教育共同研究プロジェクトの歩み
第1部 金融教育における取り組みと成果(子どもの金融意識調査とカリキュラムの展望;多様な子どもの現実と新たなテキストの開発;授業実践に探るこれからの金融教育 ほか)
第2部 企業のCSRと大学等における教育実践(共同研究に見た金融と教育という異文化交流の意義;大学における金融教育―学芸フロンティア科目D;金融機関における金融教育実践)
第3部 教育と金融の観点から探る金融教育の未来(金融関係者の立場から見た金融教育への課題と期待;教育関係者の立場から見た金融教育への課題と期待)
金融教育の新たな展開