未来社会学 序説―勤労と統治を超える

個数:

未来社会学 序説―勤労と統治を超える

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 204p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784798914695
  • NDC分類 361.04
  • Cコード C3036

内容説明

2030年日本社会はどうあるか?秩序構成原理、それは「介護される人」と「介護する法人」の二分法か?細分化する社会事象を感覚的説明で終わらせる社会学、過去への歴史回顧に終始するアーカイブ整理社会学に抗して、マルクス、ウェーバー、ケインズ、パーソンズ、シュッツ、ハーバマス、ルーマンへと連なる社会科学の不朽の理論知から湧出してくるロジックにしたがった未来社会論。

目次

第1部 理論社会学の基本概念(媒体「身体」と時空;社会的諸世界の分節(articulation)
媒体「言語」と「人」
老化、寿命、代替)
第2部 「勤労」の帰結―人生の同一性(長寿というリスク;死への形而上学―没宗教性の宗教性;「労働の意味」―マルクスとウェーバーの予言;「完全雇用」という短期期待―ケインズの着想)
第3部 「統治」の帰結―社会の同一性(ホッブス問題とは何か?―言論と討議の国家神学;システム統合と社会統合;仮想時空の自由化と再封建化;民主政と国家神学)

著者等紹介

森元孝[モリモトタカ]
社会学者、博士(文学)。1955年生まれ。早稲田大学文化構想学部社会構築論系教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。