コミュニティ政策叢書<br> 原発災害と地元コミュニティ―福島県川内村奮闘記

個数:

コミュニティ政策叢書
原発災害と地元コミュニティ―福島県川内村奮闘記

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月07日 19時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 349p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798914251
  • NDC分類 543.5
  • Cコード C3036

内容説明

川内村住民による原発事故後の地元コミュニティをめぐるライフ・ヒストリー。2011年福島第一原発の事故は放射能汚染などのハード面のみならず、既存のコミュニティというソフト面にも甚大な被害を及ぼした。福島県川内村は、事故現場から20~30km圏内に位置し、住宅損壊に加え放射能という「不可視」な脅威によって多くの住民が避難を余儀なくされた地域である。川内村コミュニティは放射能汚染と住民避難によって農業などの生業への影響、同居していた家族の分裂に追いやられるといった危機を経ながらも、すでに半数が帰村しコミュニティは新たな地平を築きつつある。原発事故後の人々のライフ・ヒストリーから地元コミュニティに対する葛藤を描写する本書は、一枚岩では語ることのできない多様な「被害」の実態と地元コミュニティをめぐる人々の動態を描く、渾身の労作である。

目次

第1部 災害の発生と川内村(災害とコミュニティ;川内村の歴史と地域コミュニティ)
第2部 住民一人ひとりが語る経験(大災害からの避難;帰村と選択;復興に向けて)
第3部 現状と将来に向けての対談(地元のリーダー・井出茂さんとの対談;遠藤雄幸・川内村村長に聞く)
第4部 資料編・川内村震災の記録(川内村震災の記録;2011年作付け記録;診療所勤務記録)

著者等紹介

鳥越皓之[トリゴエヒロユキ]
大手前大学学長。関西学院大学社会学部教授、筑波大学大学院人文社会科学研究科教授、早稲田大学人間科学学術院教授を経て、2016年4月より現職。専門:社会学、民俗学、環境問題、地域計画(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件