青を着る人びと

個数:
  • ポイントキャンペーン

青を着る人びと

  • 伊藤 亜紀【著】
  • 価格 ¥3,850(本体¥3,500)
  • 東信堂(2016/11発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 70pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月20日 13時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 214p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798913964
  • NDC分類 383.1
  • Cコード C3070

内容説明

イタリア服飾文化全盛期に現れた「青」にはいかなる意味が込められていたか―著名な女流作家、英傑や女傑、さらに貴婦人から庶民まで、絵画や写本挿絵に描かれた人物たちがまとう青衣に関する美術史家らの論考を通じ、誠実、崇高から卑賎、不実、嫉妬等、海や空の姿にも似て、多様に変化する「青」の象徴性を追究し、サッカーのイタリア代表ユニフォームにまで及ぶ青の系譜を、多くのカラー図版を交え考察した、ユニークな服飾史研究。

目次

0 アッズーリの祖先たち
1 「誠実」―クリスティーヌ・ド・ピザン
2 「フランス」―ヴァレラーノ・ディ・サルッツォとその妻
3 「卑賎」―『タクイヌム・サニターティス』の人びと
4 「不実」―16世紀の貴婦人たち
5 「嫉妬」―チェーザレ・リーパ『イコノロジーア』の寓意像

著者等紹介

伊藤亜紀[イトウアキ]
1967年千葉県生まれ。1999年お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士課程修了。博士(人文科学)。現在、国際基督教大学教養学部教授。専門はイタリア服飾史と色彩象徴論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。