教育の経済分析―ユネスコ国際教育政策叢書〈12〉

個数:

教育の経済分析―ユネスコ国際教育政策叢書〈12〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年08月02日 12時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 98p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784798912677
  • NDC分類 373.1
  • Cコード C3337

内容説明

教育政策の立案・遂行に当たり、目標の最大化達成に不可欠な費用便益分析の理論と方法。教育投資の成功を左右する有効・的確な情報を、実証研究の結果を基に、簡潔にわかりやすく提示する。

目次

費用便益分析の目的
費用の計測
便益の計測
割引現在価値の計測
教育投資の収益率
教育費用便益分析に対する反論
収益率の計算
収益率計算の代替手法
収益率の解釈:比較
教育費用便益分析の実例
政策を導くための費用便益分析
結論:教育計画における費用便益分析の実践的有用性

著者等紹介

ウッドホール,モーリン[ウッドホール,モーリン] [Woodhall,Maureen]
ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン(UCL)教育系大学院(IOE)名誉リーダー。英国出身で、国際的に著名な教育計画、高等教育、教育経済の研究者

小川啓一[オガワケイイチ]
神戸大学大学院国際協力研究科教授・専攻長。世界銀行本部教育エコノミストを経て現職。アジア、中東、アフリカ地域における教育を経済学、財政学の視点から研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。