ポストドクター―若手研究者養成の現状と課題

個数:

ポストドクター―若手研究者養成の現状と課題

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月20日 08時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 312p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798912455
  • NDC分類 377.13
  • Cコード C3037

内容説明

日本の博士号取得者のうち、常勤研究職に就けぬ「ポストドクター」の数は近年ますます増加し、すでに2万人を超えている。その多くは研究への熱い情熱を抱きながらも、不安定な生活のうちに呻吟している。今や「ポスドク問題」は本人の問題だけでなく、貴重な人材を活用できぬ国家の一大損失ともなっている。本書は、ポスドク問題の経緯と現状に関し、詳細な調査のもと諸外国との比較も交え、その深部にまでメスを入れている。若手研究者育成の見地から、解決へ向け具体的に考察を展開した、関係者必読の本格的研究である。

目次

第1部 日本のポスドク制度の現状と課題(大学院拡充化問題と大学教授職の推移;ポスドク制度の起源と発展;「雇用型ポスドク制度」の現状と課題―文部科学省の全国調査を中心に;首都圏のポスドク制度―関東地域の大学・大学院へのアンケート調査の結果;人文・社会系分野における「ポスドク問題」;ポスドク・キャリア支援の現状と課題;各大学のポスドク・キャリア支援の現状と課題;わが国の「ポスドク問題」の総括)
第2部 諸外国のポスドク制度の現状と課題(アメリカの高等教育事情と研究開発費;アメリカのポスドク制度の現状と課題;アメリカのポスドク・キャリア支援の現状と課題;諸外国のポスドク制度)
ポスドクに求められる新たな研究者資質―若手研究者・教育者養成の観点から

著者等紹介

北野秋男[キタノアキオ]
1955年、富山県に生まれる。日本大学文理学部教授・日本大学大学院総合社会情報研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。