価値・意味・秩序―もう一つの哲学概論:哲学が考えるべきこと

個数:

価値・意味・秩序―もう一つの哲学概論:哲学が考えるべきこと

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 498p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784798911953
  • NDC分類 104
  • Cコード C3010

内容説明

本書には二重の狙いが込められている。自己、生活、社会、死等を巡って著者が日常的な言葉で語り進める考察は、所説の提示である。同時に、重要な諸概念の発生の順序を、それらを支える諸文脈ともに明らかにしてゆく或る考える仕方、すなわち「哲学する」仕方の具現化である。

目次

第1章 自分が書き込まれた地図を描く
第2章 地図の地図―骨組み概念の系譜学
第3章 生活と思索と言葉
第4章 価値・意味・秩序
付論 情報の海という人工世界の中で
第5章 人の社会の秩序をつくるもの
第6章 現実性の強度と秩序
第7章 在ることと為すこと―私を満たしにくるもの
第8章 諸価値のもとでの自己の定位
第9章 死の観念に映された生の姿

著者等紹介

松永澄夫[マツナガスミオ]
立正大学教授、東京大学名誉教授。1947年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科中退。編著『哲学の歴史』全12巻、別冊1巻・中央公論新社・2007~2008年・編集委員、第6巻(19世紀英仏)責任編集・2007年、別冊「インタビュー」2008年(編集委員として、第62回毎日出版文化賞特別賞受賞)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。