主体的学びシリーズ
「主体的学び」につなげる評価と学習方法―カナダで実践されるICEモデル

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 108p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784798901756
  • NDC分類 375
  • Cコード C3037

内容説明

今日わが国の教育は、教師の教えを自動的に受け入れ模倣する「浅い学び(真似び)」が中心である。「深い学び」に導くために、本書は、学校で教える基礎知識(Ideas)の間のつながり(Connections)を適切な質問と指導を通じて理解させ、さらに自らの体験に結びつけた知の応用(Extensions)へ発展させる、「主体的学び」のための絶好の指導・実例集である。

目次

第1章 アイデア(Ideas)、つながり(Connections)、応用(Extensions)(ICEとは;ICEを裏付ける理論)
第2章 ICEを教育と学びに応用するには(評価が難しい領域で進歩を見守るには;ルーブリックを使って「学習の」進歩をマッピングする;試験で進歩の度合を要約する;学習者とICEを共有する;生徒たちのICEへの反応)
第3章 ICEの汎用性(カリキュラムの広い範囲に応用する;多様な学習成果に応用する)

著者等紹介

ヤング,スー・F.[ヤング,スーF.] [Young,Sue Fostaty]
学士号、教育学修士号、博士号。授業の有効性や学生の学習を向上するための教室における評価法とその運用に関する専門職のエデュケーショナル・ディベロッパー。学士課程教育と大学院、専門職プログラムにおいてコースデザイン、カリキュラム開発、コースやプログラム評価について広範囲の経験がある

ウィルソン,ロバート・J.[ウィルソン,ロバートJ.] [Wilson,Robert J.]
教育学士号、教育学修士号、博士号。カナダ・キングストンにあるクイーンズ大学におけるアセスメントや評価グループ創設委員で名誉教授である。大衆誌や学術誌のジャーナルにおいて評価やアセスメント問題に関して幅広く刊行している

土持ゲーリー法一[ツチモチゲーリーホウイチ]
コロンビア大学大学院比較・国際教育学専攻にて教育学博士号取得、東京大学大学院にて教育学博士号取得。弘前大学21世紀教育センター高等教育研究開発室長・教授などを経て、帝京大学高等教育開発センター長・教授。主体的学び研究所顧問

小野恵子[オノケイコ]
早稲田大学法学部、ニューヨーク大学大学院(修士、ジャーナリズム)卒業。日本経済新聞社ワシントン支局記者として勤務。その後、ジョージタウン大学大学院で政治学を学び、2005年に博士号取得。大学助教授(政治学)、研究機関職員などを経て現在はコンサルタント。政治、社会・世論調査、データ分析、人口動態、医療と健康、高齢化などのテーマで翻訳・執筆・編集などの活動に携わっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。