教育における国家原理と市場原理―チリ現代教育政策史に関する研究

個数:
  • ポイントキャンペーン

教育における国家原理と市場原理―チリ現代教育政策史に関する研究

  • 斉藤 泰雄【著】
  • 価格 ¥4,180(本体¥3,800)
  • 東信堂(2012/05発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 76pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年04月01日 16時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 346p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798901169
  • NDC分類 372.66
  • Cコード C3037

内容説明

南米チリは、軍事独裁政権の下で国家主義と経済の市場主義双方の原理的相克を孕みつつ80年代初頭より教育の市場化・民営化を世界で最初に実施し、その基本的骨格を継承して今日に至った。現代チリ教育の40年に及ぶダイナミズムを活写・分析した本書は、わが国初の本格的研究であると共に、日本の初等教育から大学政策まで、多くのヒントをもたらすものである。

目次

序章 新自由主義的教育政策の先駆的事例としてのチリ
第1章 チリの国家形成と教育の歴史
第2章 チリ教育制度の近代化と民主化
第3章 軍事政権の出現と軍政前半期における教育政策
第4章 新自由主義的教育政策の導入
第5章 経済危機による混乱と政策の実施過程
第6章 軍政の終焉と教育改革の見直し
第7章 文民政権の教育政策―継続と変革
第8章 九〇年代後半の教育政策―教育の近代化を求めて
終章 教育政策の評価をめぐって

著者等紹介

斉藤泰雄[サイトウヤスオ]
1951年福島県生まれ。1973年新潟大学教育学部卒業。1978年東北大学大学院教育研究科博士課程修了。日本学術振興会奨励研究員。1979年国立教育研究所研究員。1987年同主任研究官。1996年同アジア教育研究室長。現在、国立教育政策研究所国際研究・協力部総括研究官。専門は比較教育学、ラテンアメリカ教育論、国際教育協力論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。