中央アジアの教育とグローバリズム

個数:

中央アジアの教育とグローバリズム

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 247p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798901022
  • NDC分類 372.296
  • Cコード C3037

内容説明

1991年ソ連解体後独立した旧ソ連圏諸国の教育は、理念・制度等全てにわたり、社会主義時代との連続面、非連続面が絡み合い、グローバリズムとナショナリズムが交錯する現代世界の教育を考える上で見逃せぬ問題を孕んでいる。本書はそれら諸国の内、中央アジアに位置しムスリムという共通性を持つ四カ国の教育を、現地研究者を加えた執筆陣が実態調査をふまえ、その知られざる動態を総合的に紹介・考察した貴重な研究である。

目次

序 独立前の中央アジア
第1部 中央アジア各国の教育改革の軌跡(ウズベキスタン共和国―「漸進的」改革モデル;カザフスタン共和国―躍進する中央アジアの雄 ほか)
第2部 教育をめぐる諸問題(教育環境;教育内容・方法 ほか)
第3部 教育戦略とグローバル・ガバナンス(世界の「多極化」と中央アジアの教育協力;教育戦略のグローバリズム)

著者等紹介

嶺井明子[ミネイアキコ]
1952年東京都生まれ。筑波大学人間系准教授。筑波大学大学院博士課程単位取得修了。1981年文部省入省。1987年から筑波大学。日本比較教育学会・日本国際理解教育学会・異文化間教育学会の理事など

川野辺敏[カワノベサトシ]
1930年埼玉県生まれ。国立教育政策研究所名誉所員・星槎大学特任教授。1953年東京外国語大学ロシア学科卒後文部省入省、1973年国立教育研究所で比較教育学・生涯学習の研究に従事。1995年定年退職後、常葉学園大学教授、2004年から星槎大学副学長を経て現在に至る。日本比較教育学会会長(元)・日本教材学会会長(現)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。