国際民事訴訟法・国際私法論集

個数:

国際民事訴訟法・国際私法論集

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 484p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798900797
  • NDC分類 329.87
  • Cコード C3032

内容説明

複数の国や地域に関わる民事紛争は、人の交流、経済活動のグローバル化によって増加し、手続法上の問題も複雑になった。本書は渉外的民事訴訟における国際裁判管轄権、送達、証拠調、外国判決の承認、民事手続法の条約等、国際民事訴訟法の論文九篇と、国際物品売買条約の適用、仲裁手続における適用法規、ハーグ国際私法条約等、国際私法に関する論文六篇から成る。著者40年の営為を凝集した研究者、実務家必読の文献である。

目次

第1部 国際民事訴訟法(国際民事訴訟法;外国等に対するわが国の民事裁判権;国際民事裁判管轄権;外国人及び外国の社団、財団の当事者能力;渉外的民事訴訟事件における送達と証拠調;外国判決の承認;民事裁判権の免除;民事手続法に関する多数国間条約;国際裁判管轄権に関する条約の立法論的考察)
第2部 国際私法(法例修正案に関する参考書と理由書;海事法律関係と法例の適用;新たな仲裁法と渉外的仲裁;国際物品売買契約に関する国際連合条約の適用;ハーグ国際私法会議条約と国際私法の統一;ハーグ国際私法会議条約における最終条項)

著者等紹介

高桑昭[タカクワアキラ]
1937年4月東京市渋谷区生れ。1960年3月東京大学法学部卒業。1962年4月東京地方裁判所判事補、その後法務省民事局参事官(外務省条約局併任)、立教大学法学部教授、京都大学大学院法学研究科教授、帝京大学教授を経て、成蹊大学大学院法務研究科教授、弁護士(森・濱田松本法律事務所)。法学博士(京都大学)。この間、法制審議会国際私法、民法、商法各部会幹事、国際連合国際商取引法委員会、ハーグ国際私法会議における日本国政府代表、司法試験(民法)、新司法試験(国際関係法私法系)の各委員を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。