国際開発協力の政治過程―国際規範の制度化とアメリカ対外援助政策の変容

個数:
  • ポイントキャンペーン

国際開発協力の政治過程―国際規範の制度化とアメリカ対外援助政策の変容

  • 小川 裕子【著】
  • 価格 ¥4,400(本体¥4,000)
  • 東信堂(2011/02発売)
  • ブラックフライデー ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 80pt
  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 276p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798900377
  • NDC分類 333.8
  • Cコード C3031

内容説明

開発経済学に依拠した途上国開発の内容検討から、援助国側政策の国際政治学的分析へ―本書におけるこの既存研究路線の転換が孕む意味は大きい。援助超大国アメリカの最近の行動変化、すなわち、国益優先を堅持し、期待される協力から逸脱を繰り返してきた従来の国家行動が、貧困削減への積極的姿勢に転じた経緯の追究を通じ、国際開発規範の法制度化等、その高次化が果たす役割の分析・考察を中心に、国際開発協力に新たな展望を拓く力作。

目次

序章 国際開発協力の国際政治学的アプローチ
第1章 国際開発規範―定義と動態
第2章 規範主導国アメリカ
第3章 成長規範の拡散と国際開発庁の設立
第4章 貧困規範の利用による国際開発庁の再生
第5章 G・W・ブッシュ政権を制約する貧困規範
終章 国際開発協力研究の発展に向けて

著者等紹介

小川裕子[オガワヒロコ]
1972年東京生まれ。1995年津田塾大学学芸学部国際関係学科卒業。2002~2003年イェール大学国際関係・地域研究センター客員研究員。2007年東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻国際関係論コース博士号(学術)取得。2009年より早稲田大学政治経済学術院助教(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。