九州大学人文学叢書<br> 「昭和の大合併」と住民帰属意識

個数:

九州大学人文学叢書
「昭和の大合併」と住民帰属意識

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2020年10月26日 04時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 249p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798502793
  • NDC分類 318.18
  • Cコード C3321

内容説明

4つの合併劇、それぞれのローカル・アイデンティティ。「住民帰属意識」は合併をいかに左右したのか?事例の分析から、斬新な合併賛否説明モデルを提案する。

目次

序章 「昭和の大合併」と住民帰属意識―現在まで残された課題
第1章 近代日本の地方制度の創造・発展と住民帰属意識―「昭和の大合併」の歴史的前提をめぐって
第2章 ライバル意識による合併抑止―長野県上伊那郡宮田村
第3章 町村合併問題に関する財産処分問題とその解決―岡山県英田郡西粟倉村
第4章 新町名に関する論争が合併を抑止―福岡県筑紫郡太宰府町(現・太宰府市)
第5章 新興宗教団体が合併促進要因に―奈良県天理市
終章 「昭和の大合併」と住民帰属意識―新たな合併賛否説明モデルの可能性

著者等紹介

クラーマー,スベン[クラーマー,スベン] [Kramer,Sven]
1983年1月ドイツ、ミュンスター市生まれ。2008年9月ルール大学ボーフム(Ruhr‐Universit¨at Bochum)東アジア研究学部日本史学科卒業。2013年3月九州大学大学院人文科学府修士課程修了。2016年3月九州大学大学院人文科学府博士後期課程単位取得退学。2017年3月博士(文学)。現在、九州大学大学院人文科学研究院助教(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。